>   > 松山赤十字病院

松山赤十字病院

【松山赤十字病院】(愛媛県)から看護学生へメッセージ

一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 745床
外来患者 1554名 入院患者 610名
看護体制 7対1
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2020年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は大正2年(1913年)に開設され、平成25年(2013年)に創立100周年を迎えました。
昭和50年代に現在の2号館、3号館と呼ばれる病棟が建設され臓器別のセンター構想のもとに専門医療を提供し病床数も820床まで大きくなり、愛媛全県の基幹病院の一つとしての重責を担ってきました。

長年の懸案でありました新病院の建設も平成26年10月に起工式をあげ、平成27年4月1日、立体駐車場が新築オープン致しました。
秋からは、いよ いよ病院本体の建設に取りかかります。現地での建て替えで時間がかかり、竣工は平成33年を予定しています。完成の暁には、「災害拠点病院」として予想さ れる大地震等の災害に対応し、「地域がん診療連携拠点病院」「救急病院」等の認定施設として、その機能を果たし、地域に貢献する予定です。

看護部長からのメッセージ

【松山赤十字病院】(愛媛県)の看護部長からのメッセージ

副院長兼看護部長(認定看護管理者)
小椋 史香

一人ひとりの生命と人権を尊重し、こころの通う看護を実践します

当院は、患者の生命と人権を尊重し、多職種が各々の専門性とコミュニケーション力を発揮したチーム医療を実践し、医療の質向上に取り組んでいます。
21世紀は「ケアの時代」「看護・介護の時代」とも言われています。
一人ひとりの生き方に寄り添い、病気や障害を抱えても地域でその人らしく生き生きと暮らすことを可能にする看護を実現したいと考えています。
そのためにも当院では、キャリア開発ラダーを導入し看護職一人ひとりにあったキャリア形成ができるよう人材育成に力を入れています。

さらに、ワーク・ライフ・バランスを推進し、職員満足・患者満足が好循環となり、患者・職員に優しく、患者・職員から選ばれる病院をめざしています。

先輩からのメッセージ

【松山赤十字病院】(愛媛県)の先輩からのメッセージ

35病棟(外科病棟)
濱上 真伊

患者さんの笑顔のために、私も笑顔を忘れず頑張っています

一年目は緊張の毎日で、失敗が続いたり上手く出来なくて落ち込むこともたくさんありました。しかし、ジュニアプリセプターの先輩が話を聞いてくれたり、周りのスタッフの方々もチームの一員として支えてもらい、ひとつずつ乗り越えていくことが出来ました。

四年目となり、職場にも慣れ楽しさを感じながら仕事が出来るようになりました。また、重症度の高い患者さんを看させてもらったり、自分に出来ることも増え毎日やりがいを感じながら仕事をしています。急性期病院で毎日業務に追われる中、私は、笑顔で一日を過ごすことと、患者さんや家族の方との関わりを大切にするように心がけています。患者さんから「ありがとう」とか少しでも笑顔になってもらえると看護師を選んで良かったなと感じ、自分の励みになっています。

これからも、自分の看護を磨き、笑顔を忘れず患者さんとの信頼関係が築いていけるような看護師に成長していきたいです。

【松山赤十字病院】(愛媛県)に問い合わせする

松山赤十字病院(愛媛県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院