> 国際医療福祉大学市川病院

国際医療福祉大学市川病院

国際医療福祉大学市川病院の写真

2017年9月国際医療福祉大学市川病院として生まれ変わりました。

 当院は、開設以来80年余り、結核の化学療法研究施設を発祥として、その後、「化研病院」の略称で近隣地域の方々にも親しまれてきました。
 2005年から国際医療福祉大学の臨床医学研究センターに指定され、2007年には本館を新築し、一般診療に関わる施設・医療機器の充実による診療体制強化のもとで「がん」をはじめ、生活習慣病など近年の疾病構造の変化と社会ニーズに対応した質の高い医療の提供に取り組んでいます。 
そして、2017年9月には、国際医療福祉大学市川病院として生まれ変わりました。従来の診療に加え、研究、医療人の教育を行う医療機関として発展しようとしています。
当院の伝統的な「至善至愛」の理念を引き継ぎ、都市型の診療施設として地域の病診連携にも一層尽力してまいる所存です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 

2020採用情報