> 日本医科大学付属病院グループ

日本医科大学付属病院グループ

日本医科大学付属病院グループの写真

日本医科大学の建学の精神を基盤として人間の尊厳を守り、変動する社会や医療の進歩に伴って、ヘルスケアを必要としている人々の生活の質の向上を目指した看護を提供し、社会の福祉に貢献して参ります。

日本医科大学は明治9年の創立以来、130年以上の輝かしい歴史を刻み今日に至っております。
臨床部門を担う付属の4病院は、本学の学是である「克己殉公(こっきじゅんこう)」(私心を捨て、医療と社会に献身するとの意味)の言葉のもと最高のスタッフと医療設備のなか、患者さん中心の看護を提供してまいりました。
また、常に社会のニーズに対応した医療を提供することをめざし、昭和52年には厚生省認可第1号となった我が国初の救命救急センター(平成6年に高度救命救急センターに発展)が開設、また平成13年からはドクターヘリによる救急活動の展開など、その功績は国の内外を問わず広く知られるところとなりました。
日本医科大学は“命の大切さ”を常に考え、単に高度な医療を提供するだけではなく、看護のテーマ「ナースコールを鳴らさない看護」の実践に向けて日夜医療に取り組んでいます。

◆日本医科大学付属病院 (東京都文京区)
◆日本医科大学武蔵小杉病院 (神奈川県川崎市)
◆日本医科大学多摩永山病院 (東京都多摩市)
◆日本医科大学千葉北総病院 (千葉県印西市)
日本医科大学4病院看護部は、本学の建学の精神を基盤として人間の尊厳を守り、変動する社会や医療の進歩に伴って、ヘルスケアを必要としている人々の生活の質の向上を目指した看護を提供し、社会の福祉に貢献して参ります。

●就職説明会
会場:日本医科大学(千駄木キャンパス)
日時:本学ホームページにて確認ください、
※要事前予約
●会病院病院説明会も実施(予定)
詳しくは、本学ホームページご確認ください。