> さいたま赤十字病院

さいたま赤十字病院

さいたま赤十字病院の写真

「看護で選ばれる病院」を一緒に目指しませんか! 質の高い看護サービスを提供できる看護師を育成するため、個々の成長段階に応じた教育支援を行っています。

さいたま赤十字病院は、2017年1月1日に、多くの方々のご協力のもと、さいたまスーパーアリーナに隣接した場所に移転致しました。新病院では、赤十字の理念のもと、職員一同赤十字としての誇りと責任を持ち、質の高い医療の提供に取り組んでいます。高度救命救急センターは、地域の中心的な救命救急施設であり、ドクターカーの運用やドクターヘリの受け入れなど、24時間いつでも患者を受入、社会のニーズに応えています。また、埼玉県立小児医療センターと連携し、県内で2ヶ所目となる総合周産期母子医療センターとなりました。母体のお腹にいる胎児期から小児医療センター新生児部門と共同で診療を行い、母児に最適な医療を提供しています。他にも、災害拠点病院の指定を受け、常時救護班と被災者の収容準備を整え、赤十字の氏名である災害医療の中心的役割も担っています。
救命救急医療や周産期医療、災害医療を始め、がん診療拠点病院、地域医療支援病院などの機能を有する当院は、高度急性期・急性期医療により特化した質の高い医療を提供し、患者さんにも地域の医療機関にも親しまれる病院であり続けることが地域における当院の使命であると考えています。
認定看護師の協力もあり、年間を通した新人教育プログラムに沿って、成長をサポートします。やる気のある方、お待ちしています!

2021採用情報

2020採用情報