> 埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院の写真

地域の皆さんが資金を出し合って設立した医療生協を母体とした、『住民による・住民監視の・住民のための』総合病院です。

平成30年度 現病院近くに新築移転予定! 緩和ケア病棟・回復期リハビリ病棟の新規開設も計画中です!

 1983年に医療生活協同組合立病院として開設された。利根川の清流を背景に豊かな自然に囲まれ、また都内へも約1時間でアクセスできる埼玉県北部に位置している。
総合医療機関として、各診療科を有し、老人保健施設やサテライトクリニックの設置、通所リハビリ、人間ドックや企業検診、健康講座といった地域医療活動・予防医療活動・福祉活動にも力を入れている。マルチスライスCT・MRI・電子内視鏡・ESWL・DSAなどの医療機器を備え、日帰り手術や体外受精なども含め、高度先進医療機関としての役割を果たしている。更に教育機関として、医師・看護師・検査技師・薬剤師・医療事務・理学療法士・作業療法士・介護福祉士などの研修を行っている。又、平成11年4月より厚生省指定の臨床研修病院(従病院として浦和市立病院・社会福祉法人恩賜財団埼玉県済生会鴻巣病院)となっている。
〈関連施設〉 皆野病院(150床)、老人保健施設あいの郷(100床)、騎西ふれあいクリニック、加須ふれあいクリニック、行田ふれあいクリニック、羽生訪問看護ステーション、羽生市在宅介護支援センターふれあいの森、ホームヘルプサービスふれあい、須影ほのぼのホーム

2020採用情報