> 国際医療福祉大学熱海病院

国際医療福祉大学熱海病院

国際医療福祉大学熱海病院の写真

2002年に開院したまだ若い病院です。「いきいき元気なチーム」で一緒に成長していきましょう。

当院は明治44年に東京第一衛戌病院熱海分院として設立され、昭和20年厚生省に移管されて長らく国立熱海病院として地域医療に貢献してきました。この伝統を踏まえ、平成14年7月に国際医療福祉大学附属熱海病院として新たに発足しました。
国際医療福祉大学は医療福祉の総合大学として医療・保健・福祉の総合的観点から教育・研究活動を行っており、当院においても平成15年に東京、福岡に次いでサテライトキャンパスを設置し、TV会議システムによる大学院の遠隔授業を実施しています。
当院は本学附属病院としての教育実習の場であると同時に本学の理念に基づき「医師、コメディカルスタッフが密接な連携をとりつつ質の高い医療サービスの提供」「患者様中心でサービス・設備ともに充実した病院の整備」「地元に根ざした地域の中核的病院としての役割の発揮」を3つの運営の柱とし、「良質な医療の提供」「患者様の権利の尊重」「患者様への十分なご説明」「患者様の選択の自由の尊重」「患者様の生活を守る」という5つの運営方針を掲げ、スタッフ一同患者様本位の医療サービスを提供すべく努力しています。

2020採用情報