日本心身障害児協会

日本心身障害児協会の写真

日本で始めて開設された重症心身障害児施設です。一人一人の個別性を生かしじっくり向き合う看護を行なっています。是非一度ご見学にいらしてください!!

 昭和36年(1961年)に日本で最初の重症心身障害児施設として開設されました。医療法による病院であると同時に、児童福祉法による生活の場であるために、たくさんの専門職が協力し、医療ならびに各種リハビリテーションサービス、生活指導・援助・様々な活動や教育を通じて、ひとりひとりの残存機能の開発と維持を図り、社会の一員として生活していくことを目的に、日々の看護・療育を行っています。また、地域社会と共にある施設として、在宅障害児(者)の支援を行い、外来及び訓練や緊急一時入所等の受け入れ、歯科治療、デイケアセンターでのサービスなどを行っています。
昨年より訪問看護、訪問介護、訪問リハビリを開始、土曜日の充実を図り、障害を持つ親御さんのケアにも力を注いでいます。

来年度の採用の方中途採用の方は施設見学が必要です。
施設見学、面接は随時行なっておりますのでご連絡ください。
尚、遠方の方は見学面接を同じ日に設定することも出来ますのでお気軽にお尋ねください。
中途採用の方も応募お待ちしております!!

看護学生アルバイト募集!
看護助手としてアルバイトをして見ませんか?
詳しくは庶務課 森久保までご一報ください。

2022採用情報

2021採用情報