> 青梅市立総合病院

青梅市立総合病院

青梅市立総合病院の写真

段階的な能力開発プログラムを構築し、自己教育力の向上と、専門看護師育成を柱とした人材の育成を行っています。

当院は緑豊かな秩父多摩甲斐国立公園の玄関口である東京都青梅市に所在します。このあたりは西多摩地域と呼ばれ、住環境が良く都心への通勤圏でもあるために人口約40万人を抱える所です。
当院はその中で東京都の西多摩保健医療圏の中核病院として、また東京都の救急医療体制において西多摩保健医療圏で唯一の3次救急対応の救命救急センターを併設し、高度専門医療と救命措置にあたっています。この救命救急センターには山岳地区での救助・搬送が出来るようにヘリポートも設置し、近隣住民の皆様はもとより、レジャーでいらした方の事故などにも対応しています。
また、災害時における応急用資器材の機能を常時適正に確保するため東京都災害時後方医療施設として指定されているほか、エイズ患者様が安心して医療を受けられるための拠点病院としても指定を受けています。
さらに最近話題となっている「癒し」をテーマにした環境づくりに力を入れており、すでに(財)日本医療機能評価機構の認定を受けたほか、このたび「癒しと安らぎの環境」賞病院部門最優秀賞を受賞し、各方面から取材を受けるまでにいたりました。
今後も患者様はもちろん、職員も癒されるような病院を目指して日々努力いたしますので、ぜひとも看護師として皆様のお力をいただけますよう、ご応募をお待ちいたしております。

2020採用情報

2019採用情報