> IMS(イムス)グループ 医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院

IMS(イムス)グループ 医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院

IMS(イムス)グループ 医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院の写真

地域の方々の安心のための医療環境の充実と、スタッフの心温かな対応を大切に。

 1973年、理事長である中村哲夫が「愛し愛される病院」として地域に密着した医療・看護の提供を目指し設立しました。地域のニーズに応えた信頼される病院つくりを推進し、急性期を中心に在宅医療・看護に至るまで一貫した治療を実践しています。
現在、当院は地域の救急病院の拠点として貢献できるよう、24時間の診療体制を整備するとともに、MRI・マルチスライスCTなどの医療機器を導入し、迅速かつ正確に、安全かつ良質な医療を心掛けています。
「心の通う、温もりのある医療」を理念として掲げ、常に最善を尽くせるよう、職員一丸となってがんばっています。
当院は新人オリエンテーションをはじめ、研修制度に力を入れております。院内研修だけでなく、院外研修にも積極的に参加をしていおり、昨年は沖縄県で行われた、日本看護学会に参加し、「四肢固定帯装着患者の入浴ガードの考案」を発表いたしました。院内ではプリセプター制度行い、安心・安全な看護を患者様に提供しております。その他、看護寮や保育室も完備しており、都内に上京をお考えの方や、お子様のいるお母さん看護師の方も安心して業務をして頂いております。

2020採用情報