> 社会医療法人 母恋

社会医療法人 母恋

社会医療法人 母恋の写真

医療人として組織として社会に貢献する

2010年3月1日を持って医療法人母恋が「社会医療法人」に認定されました。
これは、医療法人母恋が、その使命である「医療を通して組織として社会に貢献する」想いと、当初の設立母体である(株)日本製鋼所の「CSR(Corporate Social Responsibility):企業の社会への責任・貢献」の想いが「社会医療法人」として形となったものです。
「社会医療法人制度」は平成18年の第5次医療制度改正によって平成20年4月に施行されました。医療法人を、その地域における医療の重要な担い手と位置づけ、救急医療や周産期医療など、特に地域で必要な医療の提供を担う医療法人を新たに「社会医療法人」として位置づけることにより、良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を図ることを目的としています。
そのため、非営利性の徹底や、高い公益性を条件としており、出資持分の放棄(解散時の財産は国へ帰属)、同族性の排除、透明性の高い経営等の条件がつけられています。
また、救急医療、災害救急、小児救急、周産期医療、へき地医療の5事業で一定の要件を満たすことが義務付けられています。一方で経営の安定を図るために税制や多様な事業展開、社会医療法人債の発行などの優遇措置が認められており、医療基盤・経営基盤の強化が可能となります。
社会医療法人母恋では、日鋼記念病院と札幌の天使病院の2病院が認定要件を満たしており、2病院で申請が認められました。
天使病院は、日鋼記念病院と全く同年の1911年に聖母会により設立されたもので、日鋼記念病院と共に2011年が設立100周年にあたります。歴史の重みを感じながら2つの病院がそれぞれの地域で先達に劣らず社会に貢献できることが私たちの望みです。
厳しい経営環境ではありますが職員のチームワークはどこの病院にも負けないと自負しています。医師の確保、看護師の確保に努め、「一歩前へ」を合言葉に、少しずつでも前進していきます。5年後、10年後を見据えて地域の皆さんに満足してもらえるような病院づくりを、来院された方が「ほっ」とできる病院を目指します。
私たちの使命である「医療を通して組織として社会に貢献する」ことを再確認し、地域の皆さんに信頼される病院、自分達の「財産」と思ってもらえる病院になれるよう励みます

2020採用情報

  • 天使病院 北海道札幌市東区北12条東3−1−1