> 社会福祉法人 あじろぎ会

社会福祉法人 あじろぎ会

社会福祉法人 あじろぎ会の写真

地域とつながる 笑顔がつながる

昭和21年4月16日。敗戦直後の社会情勢下、生活困窮者を救済する目的で、旧陸軍の施設で
ある「財団法人共栄会」の残余財産を基金に、軍の技能者養成学校を改修して開設したのが
宇治病院の始まりです。
当時、建物は一部が木造の2階建て、病床数は20床で、職員は20名。施設の不備や狭隘、老朽化を職員たちの熱意で補い、生保患者の優先的取扱いや、ボーダーライン下の低額診療に重きを置きつつ、ひたすら地域住民の保健衛生に努力してきました。開設当初の経営母体は財団法人でありましたが、社会福祉事業法の制定に伴い、昭和27年に社会福祉法人に組織変更いたしました。
その後、4度にわたる建物の増改築を経て、老人保健施設を併設するなど、ソフト・ハードの両面の充実を図り、福祉病院としての体制を整えてまいりました。平成25年に理念として「地域における医療と福祉の融合」を示し、現在、老人保健施設・デイケア・特養・デイサービス・ケアハウス・訪問看護・訪問リハビリ・居宅介護支援事業所・子供デイサービス(病児保育)・院内託児所により地域に根差した法人経営と働きやすい職場環境を実現しています。
これも皆さま方のご理解とご支援の賜物であると深く感謝申し上げる次第です。

2021採用情報

2020採用情報