> 社会福祉法人 愛徳福祉会 南大阪小児リハビリテーション病院

社会福祉法人 愛徳福祉会 南大阪小児リハビリテーション病院

社会福祉法人 愛徳福祉会 南大阪小児リハビリテーション病院の写真

他人に対して一生の責任を負う、そんな仕事を一緒に一生懸命、共に学びながら成長していくことのできる医師や看護師の仲間を求めています

1970年、前身の聖母整肢園が開設され、日本で初めて脳性麻痺の早期治療(0歳から)を開始。
以降「南大阪療育園」と改称し、脳性麻痺児を含めた小児整形外科病院として発展してきました。
大阪市から当園が重症心身障害児・者施設の運営主体として選定され、2006年4月より従来の肢体不自由児施設に加えて、重症心身障害児・者施設を運営開始することになりました。さらに建物の全面的な建て替え工事を行い、2007年3月に完成。すべての施設の運営がスタートしました。特に、看護基準7対1を採用しており、安定的な運営のために人材を募集しています

2020採用情報