> IMS(イムス)グループ 医療法人財団 明理会 イムス富士見総合病院

IMS(イムス)グループ 医療法人財団 明理会 イムス富士見総合病院

IMS(イムス)グループ 医療法人財団 明理会 イムス富士見総合病院の写真

ともにつくる、ともにあゆむ

イムス富士見総合病院はいま大きく変わろうとしています。

地域に安心や信頼をもたらす総合病院として存在する当院は、慢性期医療だけでなく急性期医療にまで対応できる幅を広げています。周辺には他に救急病院がなく、当院が地域にもたらす影響力はとても大きなもの。地域のプライマリーケアの役割を担う為に、救急から慢性期疾患まで24時間対応のできる医療機関を実現しています。そのために看護師の皆さんの力が不可欠。急性期医療では、患者様と向き合い、現場で即座にさまざまな判断をするために、看護師は成長を続けなければなりません。
当院ではBLS※1やACLS※2などをはじめとした救急分野の教育に力を入れるとともに、クリニカルラダーとキャリア開発プログラムをよりきめ細かやかに発展させ、個々人に向けた教育「オーダーメイド教育」の実現を目指しています。看護師はそれぞれの教育課程を経て看護の現場に足を踏み入れますが、実際には各々が経験する教育課程はさまざまで、知識や経験に大きな違いがあります。そのため、マンツーマンのオーダーメイド教育によって、看護師個々の経験等にあわせた教育プログラムで看護師全員の着実なキャリア開発を支援したいと考えています。自律し、成長を楽しめる看護部の実現が私の目標です。