市立東大阪医療センター

地域に貢献する急性期医療を提供する市立東大阪医療センターで一緒に看護をしましょう!


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 520床
外来患者 915名 入院患者 516名
看護体制 7:1看護体制
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

~*~*~*心とこころがかよいあう看護を~*~*~*
 
 
 市立東大阪医療センターは、50万人の市民および中河内医療圏の地域住民に急性期医療を提供する病院です。地域がん診療連携拠点病院として、先進的医療から緩和ケアまで提供する医療チームの一員として、また退院支援を通して地域医療と連携した看護を実践することができる病院です。
 
 平成23年10月に、がん相談支援センター及び緩和ケア室を移設し、がんに関するさまざまな相談や支援が充実してきました。そして2015年11月に中河内二次医療圏初の緩和ケア病棟を開設しました。
 
 わたしたちは地域のみなさまに信頼され、心とこころがかよいあう看護をめざします。看護に誇りをもち、医療チームの一員として連携し、最良の看護をめざします。

看護部長からのメッセージ

看護局長
阿部 智子

看護局長からのメッセージ

本院は、地域の方々に先進的医療から緩和ケア、そして周産期、小児まで広く深く医療を提供しています。 看護局では、看護職一人ひとりが研鑽を積み、看護倫理や接遇を大切にし、患者さんに敬意を込めた確かなケアが提供できるよう努めています。 また、看護局理念である「心とこころがかよい合う看護」の実現に向けて、人間性豊かな看護職の育成も重視しています。
 私は、看護局長として、看護職が日々成長しながら生き生きと働き続けられ、そして、患者さんのために、看護の力を十分に発揮できるように環境を整えたいと考えています。
 看護職として成長する過程には、大変なことも少なくはありません。たくさんの努力も必要です。本院は、その努力の分だけ大きな成長ができる病院です。
 一緒に本院で看護職として成長していきましょう。

市立東大阪医療センター(大阪府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院