公益財団法人丹後中央病院

安心・信頼・良質の医療


募集職種
  • 看護師
病床数 306床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 10:1(回復期15:1)

消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内分泌科
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

公益財団法人 丹後中央病院は、“自分たちの健康は自分たちで購う”という地元住民の理念のもと、昭和17年、当時ではこの地方唯一の総合病院として設立されました。
現在、人口減少・高齢化・医師確保の難しさ・コロナ禍と病院を取り巻く状況は非常に厳しいものがありますが、長年、培ってきた住民の皆様との信頼関係を大切に、今後も“安心・信頼・良質の医療”を基本理念として、よほどの難病、稀な病気以外は、診断、治療のためにわざわざ京阪神に足を運ばないで、地元でご家族と安心して、都会に劣らない医療行為を受けることができる地域完結型病院を目指します。

看護部長からのメッセージ

副院長 (兼 看護部長)
永島 直俊

看護部長からのメッセージ

様々な事が不明確、不確実な時代ですが、私達が目指すべき事は変わる事はありません。
「最良の看護を患者様に提供する」それこそが私達看護師が、当院看護部が目指すべき目的であり、責務であると考えています。

看護師として看護にやり甲斐を感じ、専門職としての責任を果たす。
そんな当たり前の事に拘り、初心を忘れず患者様ひとりひとりと向き合う事のできる、看護師の育成に努めていきます。

公益財団法人 丹後中央病院は今年で開設「80周年」となります。
地域の皆様に「安心・信頼」いただき、「良質」の医療・看護を実践できる病院として、今後も看護部だけでなく、病院全体で取り組んでいきます。

先輩からのメッセージ

副看護部長
才本 卓弥

副看護部長からのメッセージ

「専門職としての自覚と責任を持ち患者様に最良の看護を提供する」
これが、当院看護部の理念です。
看護師は新人からベテランまで一律に国家資格を有する専門職であり、対象者(患者様)に対応する時は、必ず専門職としての責任が課せられます。

当院看護部では、職員各自が自らのキャリアビジョンを描き、自己統制のもと輝ける職場環境作りを目指し、誰かに指示されたから動くのではなく、自らの自覚と責任の下、その時の最良を考えられる看護師の育成に取り組んでいます。

公益財団法人丹後中央病院(京都府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院