クリオ 訪問看護・リハビリステーション

「らしさ」によりそい、「らしさ」をささえる


募集職種
  • 看護師
病床数 -
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 -
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

ご利用者様やご家族の「らしさ」に寄り添う。
クリオ訪問看護・リハビリステーションではご利用者様やご家族が自分らしい生活を送れるかということを第一に考え普段通りの自分「らしさ」を追求することを大切にしています。

最期まで自分らしく「居たい場所」で「いたい人」とを支える。
今後進展する一層の高齢化は、死亡数の急増ももたらし、死に場所が定まらない「看取り難民」が増加すると言われています。厚生労働省の調査によると、現在の日本人の死亡場所の約80%が「病院」です。一方で約70%の日本人は「自宅で最期を迎えたい」と望んでいることが分かっております。しかし、人生の最期がこうした社会的課題がゆえに心残りとなるようなことはあってはならず、ご本人およびご家族様の双方にとって納得のいくものであって欲しいと私たちは考え、余生を自分「らしく」過ごし、「居たい場所(自宅)」で「いたい人(家族)」と過ごせる環境と仕組みを整えることが、訪問看護の使命であると私たちは考えています。

「昨日よりも今日」「今日より明日」常にスタッフが最大の質をもって支える。
自己研鑽等で身につける知識・技術に加えて、日々利用者様やご家族様との関わりから学ばせていただく「現場での経験」を何よりも大切にしております。
現場で培った経験を元に更に質の高い看護サービスを追求すべく、各疾患や病状のスペシャリスト(がん、神経難病、褥瘡など)として専門的に看護できるスタッフを育成しています。個々のスタッフが持つ力を最大限引き出し、それらの力を集約することで生まれる「チーム力」こそがクリオの最大の特徴です。

看護部長からのメッセージ

求める人材

赤色+白色=ピンク色 青色+黄色=緑色
お互いの色がお互いの色を尊重し、認め合った先に新しい色は生まれます。似た色が集まっても、互いの色を批判しあっても新しい色は生まれません。

クリオは、互いの色を混ぜ合わせるために必要なパレットのような環境を目指しております。ご利用者の生活の一部分に、求められる彩りを加えるためにも、1色でも多くの色が必要となります。クリオは「あなたにしか表現できない色」つまり『あなたらしさ』を必要としております。

自分にしか出来ないことって何か?「らしさ」に寄り添う看護って何か?一緒にここで見つけましょう。あなたらしさをとことん追求出来る環境がここにあります。まずは下記のエントリーフォームよりご連絡ください。あなたにお会いできる日をスタッフ一同楽しみにしています。

先輩からのメッセージ

クリオ 訪問看護・リハビリステーション
看護部

クリオには訪問看護未経験者が多数在籍しています

入職当初はやはり不安でいっぱいでした。病棟勤務とは違い、現場に一人で行ってあらゆることを自分で判断する必要があるため、これまでの看護師経験だけでそんなことができるんだろうかと、ドキドキしながら訪問していたことを今でも覚えています。初めて訪問看護で働く際には誰もが通る道かもしれません。クリオはそのような訪問看護未経験者にとって非常に恵まれた環境であると思います。クリオでは自信がつくまで繰り返し同行訪問を行い、少しずつ独り立ちできる体制が整っています。何よりもクリオには訪問看護未経験者からスタートした看護師が多数在籍しており、その不安な気持ちを誰よりも理解してくれる仲間が集まっています。今でも不安はあります。おそらくこれからもそれは変わらないと思いますが、ある意味その不安が自分を前へ前へ突き動かしているような気もします。不安を補うのは自信しかありません、自信をつける方法は現場経験を重ねることしかないような気がします。
繰り返しますが、クリオには不安を補いあえる仲間がいます。同じ志を持った仲間に支えられながら現場で経験を重ねることことが出来ます。訪問看護に興味があるが不安で踏み出せない方は、思い切って一歩踏み込んで欲しいなと思います。

クリオ 訪問看護・リハビリステーション(兵庫県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院