長野県立病院機構 木曽病院

木曽唯一の総合病院として、地域の医療を支えるとともに、災害拠点病院としてDMAT(災害派遣医療チーム)を設置。「365日、24時間、患者さんをお断りしない」ことをモットーに、がん診療、脳血管疾患の診療等の機能を強化。急性期リハビリの実施、緩和ケアチームの活用など、医療の充実・向上に尽力しています。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 199床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 一般病棟 10対1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

木曽唯一の総合病院として、地域の医療を支えるとともに、災害拠点病院としてDMAT(災害派遣医療チーム)を設置。「365日、24時間、患者さんをお断りしない」ことをモットーに、がん診療、脳血管疾患の診療等の機能を強化。急性期リハビリの実施、緩和ケアチームの活用など、医療の充実・向上に尽力しています。 
内視鏡システム等の、最新機器も整備。がん相談支援センターによる情報提供など、地域の方々が、より安心して過ごせる取り組みも行っています。環境特性を生かした、森林セラピー、農村セラピー等も実施。地域の基幹病院として、患者様とご家族の信頼に応える、高度な医療と介護の提供を目指しています。
 

【お問い合わせ】
採用に関してのお問い合わせは「長野県立病院機構(本部ページ)」をご覧ください。

看護部長からのメッセージ

看護部長
赤堀 由可利

ご挨拶

木曽病院は木曽地域唯一の総合病院としていつでも・誰でも安心してかかることができる「24時間・365日、救急患者を断らない」をモットーに救急患者を受け入れております。
妊娠出産から在宅看護まで、赤ちゃんからご老人まですべての医療を担う地域完結型の医療を提供しています。
 看護部は、地域住民の皆様に「自分の大切な人が受けたい看護」が提供できるようにしようと日々の看護活動を実践しております。高齢化が進むなか、訪問診療、訪問看護に積極的に取り組み、住民の皆様に信頼される病院を目指しております。また、認定看護師の活動により看護の質の向上を図り、看護職員自らキャリアアップに努めております。
 2020年度から長野県立病院機構内で看護師特定行為研修が開講され、医師の指示のもと提供できる看護の拡充に期待しております。
 災害拠点病院、地域がん診療病院、へき地医療拠点病院等の指定を受けており、急性期から慢性期、がん看護、災害看護など様々なことが経験できます。

長野県立病院機構 木曽病院(長野県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院