京都桂病院

地域に求められる病院であるために


募集職種
  • 看護師
病床数 557床
外来患者 1042名 入院患者 443名
看護体制 看護配置 7対1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

京都桂病院は昭和12年に結核療養所、松尾病院として創設され、昭和39年に時代の方向性や疾病構造の変化、地域の要望に応えるかたちで、京都桂病院と名称を変更し総合病院となりました。その後、各診療科が設置され、呼吸器センター、消化器センター、心臓血管センターを核として発展し、2017年11月に脳卒中センターを開設し血管内治療も含めすべての脳神経疾患にも対応できるようになりました。また2015年に開設された救急科を核としてすべての科の協力を得て救急を充実させたいと考えております。

看護部長からのメッセージ

看護部長
谷口 文代

看護部長からのメッセージ

京都桂病院は地域の基幹的病院として高度の医療に対応し、地域に信頼される病院になることを目指しています。
そのために、看護部では、高度急性期に対応できる専門的知識・技術の習得は勿論のこと常に看護とは何かを考え、生涯を通して患者さんが、そのヒトらしく生きるためには何が必要か、患者さんの生きてきた人生を思い描くことのできる感性をもつ看護師を育成したいと考えています。
新人教育・ラダー形式の教育プログラム・院内研修制度等きめ細やかなプランで専門職としての自己教育力を高める支援をしています。

先輩からのメッセージ

京都桂病院
入職4年目 ICU・CCU病棟

先輩ナースからのメッセージ

京都桂病院への入職を決めた理由は?
看護学生の時に実習先の施設として何度も通い、多くのことを学びました。出会う指導者の方や先輩看護師の方のもとで働き学びたいと思えるような看護がたくさんあり京都桂病院を選びました。

京都桂病院での看護のやりがいは?
集中治療室へ入職して3年が経ちます。急変時の対応や重症患者さんの看護に毎日逃げ出したくなることがあります。しかし、患者さんの元気になった姿やご家族の笑顔は毎日のやりがいです。

京都桂病院の研修で役立ったことは?
深めたい看護に合わせた研修があります。今年は「退院支援」について学びました。  集中治療室ではほとんど退院する患者さんはいません。しかし、退院支援は入院時から始まっていることを研修で学びました。病棟に持ち帰り入院時からできる退院支援を考え実践しています。そういった日ごろから役立つ研修内容がたくさんあります。

京都桂病院の魅力は?
患者さんのために出来ることを考え、患者さんと一緒に前に進もうとする「熱い看護観」を持った看護師がたくさんいます。特に先輩看護師から学ぶことが多く日々ステップアップできます。そして、先輩の後ろ姿を見ながらいつかは私も先輩のような看 護を提供したいと思えることが魅力です。

京都桂病院(京都府)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院