国保水俣市立総合医療センター

募集人員   看護師(人数未定)
申込受付期間 令和4年7月上旬
第1次試験  令和4年8月上旬
最終合格発表 令和4年10月上旬
採用予定日  令和5年4月1日


募集職種
  • 看護師
病床数 361床
外来患者 692名 入院患者 253名
看護体制 10対1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

  国保水俣市立総合医療センターは熊本県南端の水俣・芦北医療圏における急性期中核病院として、その機能を果たしてきました。
  少子高齢化の進むこの医療圏で、当センターとしても将来を見据えた機能改革が喫緊の課題となっています。
  高齢者の急性期医療において、その治療目的が果たせても、複数の基礎疾患により慢性期や在宅医療への移行が困難な症例が増加しています。民間施設への受け入れ余裕がない状況で、21日という入院日数の縛りがあるDPC病院として、亜急性期と位置付ける「地域包括ケア病棟」を開設することで比較的余裕をもって治療継続ができるようになりました。
  また、令和元年6月から高度急性期病棟(HCU)が10床稼働したことにより、重症患者さんへの高度医療提供が可能となりました。

看護部長からのメッセージ

思いやりと優しさ

看護部は「思いやりと優しさ」をモットーに、地域住民の皆様との信頼関係を築き満足していただける看護を提供しています。他部門との協働、コミュニケーションも図れ、職員間の風通しの良い病院です。新人研修や継続教育も充実しており、看護職員個々のキャリアアップの支援も行っていますので、新人の方もブランクのある方も安心して仕事をスタートさせることができます。子育て支援、ワークライフバランスのとれた勤務も推進しています。
私たちと一緒に働いてくださる方をお待ちしています。

先輩からのメッセージ

働きやすく明るい職場です

入職し、5年目となりました。現在HCUに勤務しています。集中治療の現場では、今まで経験のなかった科や術直後の患者さん、人工呼吸器といった生命維持装置を使用している患者さんのケア等、一般病棟では経験できないような事がたくさんあり、大変な事もありますが、常に新鮮な気持ちでやりがいを持って仕事に取り組むことが出来ます。分からない事も多々ありますが、医師や先輩看護師の方々にアドバイスをもらったり、定期的な病棟勉強会を開催したり、自己学習の機会に恵まれており充実した日々を過ごしています。まだまだ未熟ですが、患者さんへ安心、安全な看護が提供出来るよう自身のスキルアップに努めていきたいと思います。

当院は人間関係がよくとても働きやすく明るい職場です。
新人ナースが業務する際には、常にプリセプターや他のスタッフも見守る体制ができていて多くの技術を身につけることができます。新人ナースでも安心して学べるところが魅力です。子育てをしながら働く看護師も多いため、お互い理解・助け合える環境で育児休暇などの福利厚生も充実しています。院内には、保育園も併設してあるので、育休後も安心して働けます。当院には優しく声をかけてくれるスタッフがたくさんいますので、興味をお持ちの方は是非一度、病院見学に来てみて下さい

国保水俣市立総合医療センター(熊本県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院