下田メディカルセンター

仁愛の心を持ち、安心・安全で、かつ質の高い医療サービスを、24時間365日提供することにより地域貢献を果たします。


募集職種
  • 看護師
病床数 142床
外来患者 227名 入院患者 90名
看護体制 一 般:急性期入院基本料1
回復期:回復期リハ入院料3
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

下田メディカルセンターは、南伊豆町にあった共立湊病院を前身として2012年(平成24年)に下田市に移転して開院された新しい病院で、下田市・南伊豆町・西伊豆町・東伊豆町・河津町・松崎町の1市5町で設立する一部事務組合を開設者とする公立病院です。

看護部長からのメッセージ

看護部長
大村 啓子

看護部長からのメッセージ

賀茂地域唯一の公的病院として急性期から在宅復帰まで、住民一人ひとりの医療を支えます。
下田メディカルセンターの使命は、賀茂地域において中核的な存在となり住民の皆さまに安全で安心かつ質の高い保健・医療・看護を24時間365日提供することです。

そのために看護師は、医師をはじめとした多職種ときめの細かい話し合いをし、共に学び協働していくことが必須です。
看護の原点は「個と向き合う」ことである、と私は考えます。 個と向き合い、限られた時空の中でその方に相応しい看護が実践できるよう、必要とされる専門技術を磨き、心身を強く柔軟に保つよう職員一同、努力を続けてまいります。

先輩からのメッセージ

2階病棟
肥田 かれん

自分の生まれ育った地元で、地域に貢献していきたい

Q下田メディカルセンターを選んだ理由は?
中学・高校の職業体験で、何度か下田メディカルセンターに来たことがありました。
できたばかりのきれいな病院で、雰囲気も良く、なにより患者さんと接するスタッフの方々が優しかったのがとても印象的でした。
自分の生まれ育った地元で、看護の手を必要とする患者さんと関わりながら看護師として成長し、地域に貢献していきたいという思いがあり、下田メディカルセンターに入職しました。

Q実際に働いてみて、いかがですか?
初めは分からないことだらけで不安でいっぱいでしたが、教育担当やプリセプターをはじめ、先輩方が優しく丁寧に教えてくださり、少しずつできることも増えてきました。
新人の私を受け入れてくれる患者さんもたくさんいて、「がんばってね」という言葉がとても励みになっています。

下田メディカルセンター(静岡県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院