海老名総合病院

救命救急センターを有する高度急性期病院です。
看護師としてだけでなく医療人としての成長を応援します。
2023年には新棟オープン予定です!


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 479床
外来患者 420名 入院患者 391名
看護体制 一般病棟 7対1入院基本料
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 海老名総合病院は“みんなで考えるチーム医療”を理念に置き、海老名市、綾瀬市、座間市など神奈川県央エリアで、地域医療支援病院として、特に急性期の医療が必要な方々に最適な医療や看護ケアを提供しています。
 看護部では、法人が掲げる「誕生前から在宅(看取り)までをつなぐ医療」を支える医療人としての成長を実感できるよう支援します。そのための様々な「し・か・け=研修」は、新しいスタートを切る新人ナースには職業人として、キャリアアップを目指して再挑戦する既卒ナースには新たな自分を発見する機会となることでしょう。 それぞれの価値観を大切に、一人ひとりの看護力を高め、可能性を追求し日々研鑽する仲間を求めています。
 
 2023年4月には新棟オープン予定です。
救命病床・HCUを増やし診療科を整備します。!
 今問い合わせ多数いただいており、人気急上昇中です!
 
 ★奨学金制度あります。
 1年間100万円。奨学金貸与の際は書類選考・面接のうえ、決定します。
 
 ◆病院見学 
 「見て感じる、話して分かる、病院見学」
 見てみたい部署や聞いてみたい内容があれば事前にお知らせ下さい。
 
 ◆インターンシップ
 「将来の自分の姿をイメージできる、インターンシップ」
 実施時間: 8:45~16:00 
 ※希望の部署を調整します
 持ち物:白衣、ナースシューズ 等
 
 ~いずれも病院ホームページから申し込み可能です!お申込みお待ちしております~
 
 イベントにお越しの方はその際に資料一式をお渡しします。

看護部長からのメッセージ

副院長 兼 看護部長
武田 玲子

~~あしたの幸せを あなたと創る~~

海老名総合病院看護部は、「仁愛の精神を基本とし地域社会に貢献すること」という法人の理念に基づき、急性期医療に対応する知識・技術を習得しながら、情け深い心で人を思いやり、いつくしむことのできる人間性豊かな看護師の育成を支援しています。
災害や新型ウィルスの感染拡大など、誰もがあしたの幸せが見えない時代ですが、これからの近未来では定型の仕事は「AI」が取って代わる可能性があり、創造性を要する仕事以外は医療の現場も「AI」に占領されているかもしれません。
創造性を要するとは、独自性のある発想を考え出すことや新たに生み出す能力のことです。看護も従来の価値観からの脱却や多様性・創造性が求められる時代となります。
しかし、創造性は突然、天から舞い降りるのでなく、長い年月、基礎学習を積む努力と集中力、豊かな感受性の基に入手可能になるのだと思います。
変化に対応できる柔軟性としなやかな感性を備え、共にあしたの幸せにつながる看護を創っていきませんか?

先輩からのメッセージ

病棟看護師
N・S

PNS制度により、いつでも相談できる相手がいる心強さを感じます


海老名総合病院は教育制度が充実しているため、自分の目標とする看護師になるためのフォローがしっかりしています。
2023年には新棟完成予定のため充実した環境で働きたい方にもおすすめです。
またPNSを導入しているため、自身で補いきれないことも相談しながら働くことができています。

ナース専科からひとこと

海老名総合病院の自慢は7年前から始めた合同研修。他の病院さんではあまり聞きませんが、全同期入職の看護師、医師、コメディカルが一緒になって年5回の「海老名式フレッシュマン研修」に参加するそうです。職種を越えた仲間が病院の目指すチーム医療を同じ目線で語り、共有することで、明るくアットホームな雰囲気を作り出しています。

海老名総合病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院