地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立広島市民病院

先進医療の中で「安全」と「安心」を提供できる看護師を目指しましょう
ー当機構では、皆さん一人ひとりが「なりたい看護師」を目指せるように各種研修や制度を充実させ働きやすい職場作りに努めていますー

■パンフレットは病院ホームページよりご確認ください■


募集職種
  • 看護師
病床数 743床
外来患者 1788名 入院患者 704名
看護体制 -
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

広島市立病院機構は、市民の健康の維持・増進を図るため、市民に信頼され満足される質の高い医療を継続的かつ安定的に提供していきます。

【広島市民病院】
広島市の医療施策上必要とされる医療の提供に関し中心的役割を担うともに、地域の医療水準をリードする急性期病院として高い医療水準の維持・向上を図ります。

<基本理念>
患者さんと協働して、心のこもった、安全で質の高い医療を行います。

<基本理念実現のための3つの柱>
チーム医療を推進し、信頼され満足される医療を行います。
地域医療機関との連携のもとに、救急医療と高度で専門的な医療を行います。
健全な病院経営を行うとともに、すぐれた医療人の育成に努めます。


看護部長からのメッセージ

広島市立広島市民病院
看護部長 長谷川聡子

看護部長からのメッセージ

AI技術の活用やゲノム医療など、医療の世界は画期的な変化がもたらされるようになり、私たち看護師の役割も従来と違った部分が必要になっています。
当院の看護師に期待されることは、高度急性期医療を担う看護専門職として、質の高い臨床実践能力を身につける必要があります。
でも、変わりゆく時代にも変わらないもの変えてはいけないものもあります。
それは、患者さんに寄り添い、人としてわかり合うという看護師本来の役割です。
その役割を果たせるよう患者さんのためになる行動を進んで行える「やさしさ」と、患者さんやご家族の心情や身の上などに心を配れる「思いやり」を看護部の理念としています。
また、豊かな人間性を備える力を身につけ、なりたい自分へのキャリア開発にも支援をしています。
地域の中で「医療」と「生活」に関わり、患者さんの生きる力を引き出せるような地域の皆さまに信頼される看護部であり続けるために努力していきたいと考えています。

先輩からのメッセージ

広島市立広島市民病院
整形外科病棟

先輩ナースからのメッセージ

私は整形外科病棟で働いています。この病棟では、術後リハビリという辛い時期を経て自宅退院を目標にされている患者さんが多いです。
術後痛みで離床が進まない患者さんが歩行器から杖へ、杖からフリー歩行へとリハビリが進む姿を見て、スタッフみんなで「すごいね~!」と喜んだりする、私が働いているのはそんなあたたかい病棟です。
その時の患者さんの喜ぶ顔や、ありがとうという言葉が、私の日々の支えになっています。
また、働く中でこのような患者さんの回復は、術後の全身状態の管理や、疼痛コントロール、個別性に合ったリハビリ介入があってこそだと実感しており、一人ひとりの患者さんに必要な看護を行える看護師になりたいと思うようになりました。
まだまだ看護を考える力が弱く、知識や技術は未熟な部分ばかりですが、プリセプターをはじめ他の病棟スタッフの支援を受けながら、これから自分なりの看護を深めていきたいと思います。

地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立広島市民病院(広島県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院