草加市立病院

2014年に災害拠点病院認定!2020年緩和ケア病棟開設!

 心臓脳血管センターができて7年目。このセンターの開院により心臓病、脳血管疾患など一分一秒を争う緊急の処置が必要な患者さんへの診療体制が充足されました。2014年に災害拠点病に認可され、緩和ケア病棟も4月に開棟予定です。地域の中核病院として市民の皆さんの健康を守り、安心して暮らせる医療環境の向上に大きな役割を果たしています。


募集職種
  • 看護師
病床数 380床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 一般病床7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

看護は患者さんの生きる力を支えます。
 自分の行ったことが患者さんにどう響いたのか直接手応えを感じられ、喜びにつながります。
 
 当院の看護部は「やさしい看護」「輝く看護」で、患者さんの持っている力を引き出し、
いのちと健康を支えることを理念としています。看護師自身も看護観を高め、成長できるよう、
豊富な知識と経験を持つ先輩たちが皆さんをサポートします。

草加市立病院でともに学び、看護の喜びを語りあいましょう。

☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆
災害・救急看護や地域に根差した看護に興味のある方大歓迎

平成26年12月に埼玉県としては16番目となる災害拠点病院の指定を受けました。
それに合わせて当院でも埼玉DMATを結成し、隊も2チームとなりました。
このことにより、災害時における当院の地域基幹病院としての役割がより重要になりました。
また、2020年度は緩和ケア病棟も開棟いたしました。発展をし続ける当院で、あなたも働いてみませんか。

☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆*・。・*☆


<病院見学会について>
現在、コロナの影響を鑑みインターンシップは行っておりませんが、病院見学会は、第一・第三土曜日に実施をしております。
ご応募は、下記ナース専科から御申込いただくか、直接病院へご連絡をお願いします。

https://recruit.nurse-senka.com/meeting/list/2010414
 
 

看護部長からのメッセージ

看護部長
宗廣みな子

看護部長からのメッセージ

 草加市立病院看護部は、患者さんの持てる力を「やさしい看護」「かがやく看護」で引き出し、いのちと健康を支えることを理念とし、患者さんに寄り添った看護ができるように努力しています。
 看護師としてキャリアの発展と豊かな人間性を身につけ、安全で良質な医療・看護を実践できるように教育プログラムに基づいてサポートしています。
 また、災害拠点病院でもあるので、専門性を高めながら、災害時にも対応できるように訓練にも積極的に取り組んでいます。
 看護職員1人1人が看護の喜びと成長を感じながら、活き活きと輝き、働き続けられる職場環境を整えることで、患者さんやご家族の方が「草加市立病院でよかった」と満足していただけるような看護の提供を目指して

先輩からのメッセージ

6階西病棟 脳神経外科
看護師

先輩看護師の紹介

新卒として草加市立病院に入職しました、脳神経外科に配属している看護師2年目です。病棟の雰囲気はよくスタッフ間で積極的に声かけが行われており、何よりチームワークが自慢です。脳神経外科の患者さんは、意識障害があり自ら意思を訴えることが困難な方が多いです。状態の変化があった場合、患者さんの今後を左右するため素早い対応が必要です。そのため、状態をよく観察し看護師が変化に気づくということが大切だと考えています。1年目は業務に追われたり、毎日新しいことを経験し学んだりと、自分のことで手一杯でしたが、2年目になり業務に少し余裕ができ視野を広く持てるようになった分、細かい変化にも気づくようになりました。また患者さんやその家族に対してだけでなく、一緒に働いているスタッフへの配慮もできるようになり、自分も病棟スタッフの一員として看護ができていることにやりがいを感じています。看護師としての経験年数はまだまだ浅いですが、患者さんや先輩方から学び日々吸収していきたいと思います。

草加市立病院(埼玉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院