上尾中央第二病院

よりよい明日を目指す、私たちの看護


募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
病床数 186床
外来患者 - 入院患者 170名
看護体制 療養病棟 20:1、障害者病棟 10:1、回復期リハビリテーション病棟 13:1、緩和ケア病棟 7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

療養病棟・障害者病棟・回復期病棟・ホスピス病棟からなる慢性期の病院です。当院は埼玉県で第一号に開設した、がん終末期医療を担当するホスピス病棟、急性期治療後早期のリハビリを行う回復期リハビリテーション病棟、急性期治療後も医療を必要とする患者を対象とした療養病棟・障害者病棟からなる慢性期医療を担う病院です。看護部では、重要な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けられるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体となる「地域包括ケアシステムの構築」を目指しています。新人には、社会人としての心構えや看護師としての基礎知識・技術を習得できるように、多様な学びの場を用意しスタッフ全員で新人の成長を支えます。入職後、2ヶ月の「ローテーション研修」の後、配属希望を聴取し配属となります。「ローテーション研修」では職場の環境に適応できることと、各部署を巡回しながら、その部署特性の疾患や技術を学習し勤務場所の選定をしていきます。 
 療養病棟「療養生活が少しでも快適に」・障害者病棟「疾病の特殊性から日々の観察を大切に」・回復期リハビリテーション病棟「その人らしく生活の実現にむけて」・ホスピス病棟「その人らしく精一杯生きられるように」 私たちと一緒に看護を実践しましょう。
 
 【看護部の基本方針】
 私達は良質で安全な看護・介護及び療養環境を提供します
 
 【実行方法】 
 1.安全で快適な療養環境と標準化された看護・介護を提供します
 2.自己研鑽による質の高い看護・介護を提供します
 3.人権を尊重した適切な待遇による看護・介護を提供します
 4.チーム医療による健全で効率的な看護・介護を提供します
 5.地域の健康回復・健康増進に向けた看護・介護を提供します

看護部長からのメッセージ

看護部長
高橋健治

心と心を重ねて”想い”が届く

当院は埼玉県で第一号に開設した緩和ケア病棟をはじめ、療養病棟・一般(障害者)病棟・回復期リハビリテーション病棟を有する慢性期医療を担う病院です。特に、当地域に不足している療養病棟や障害者病棟などの慢性期医療の充実を図るため、2017年4月より「上尾中央第二病院」と病院名を改称し、新たな慢性期・回復期病院として生まれ変わりました。

看護部としましては、重度な要介護状態となっても、住み慣れた地域で最後まで自分らしい暮らしを続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体となった「地域包括ケアシステムの構築」を目指しています。

先輩からのメッセージ

看護師
筒井さん、金井さん、角井さん

療養型の当院を選んだ理由を教えてください。

《 筒井さん 》 慢性期病棟は、急性期病棟よりも患者さんの在院日数が長いため、患者さんと関わる時間も長くなります。それぞれの患者さんをより深く知ることができ、患者さんの特徴に合わせた看護を提供できるので、療養型の当院を選びました。

《 金井さん 》 私も筒井さんと同じ理由で当院に入職しました。
長く入院されている患者さん一人ひとりとじっくり向き合いながら看護ができることが、慢性期病棟の良さだと思います。

《 角井さん 》 療養型の場合は、患者さんの身の回りのことや、患者さんのご家族、介護に携わる人など、さまざまな人と関わることができます。学生時代にはあまりイメージできなかった「患者さんの個別性」についても、患者さんと時間をかけて向き合うことで理解できるようになりました。だから私も、療養型の当院を選んで良かったと思っています。

《 金井さん 》 あと、上尾中央医科グループは、急性期や慢性期など各領域に特化した病院が複数あるので、自身のキャリアプランを考えたときに、選択肢が多いことも魅力だと思いました。

《 一同 》 すごい!学生のときから色々と考えていたんだね。

上尾中央第二病院(埼玉県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院