北海道社会事業協会 余市協会病院

患者様の笑顔・地域への貢献
自らの幸せを求めて参ります。


募集職種
  • 看護師
病床数 172床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 -
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 【余市病院 =「真の地域医療」実践の場】余市病院 院長 吉田秀明
 
 
当院は北後志五ケ町村(余市町、仁木町、赤井川村、古平町、積丹町:人口3万1千人)における本格的な入院治療に対応できる唯一の基幹病院です。地理的には小樽、札幌にも近いのですが、圏域の遠いところから当院までは車で1時間以上要するため、救急・一次医療はもちろん、二次医療さらに疾患によっては三次医療まで対応しています。また、他の医療機関や介護・養護施設とも密接に連携し、その完全バックアップを受け持ち、さらに在宅医療にも対応するなど、生活圏域に必要とされるインフラとしての医療要素をすべて備え、実践してきました。 
診療内容は標準以上の水準で提供できるよう、限られた人員、設備、環境の中で工夫・努力してきました。

看護部長からのメッセージ

看護部長
守田 明美

患者様の笑顔を大切に お互いの看護を語り合う職場を目指します

 当院は、一般急性期病棟、障害者病棟、回復リハビリテーション病棟をもつケアミックス型の病院です。看護部理念に『北後志地域の基幹病院として、地域のみなさまに信頼される看護を提供します』とあるように、「一人ひとりの思いを大切に、その人らしい看護」の実践に取り組んでおります。
 私は職員を大切にし、すべての看護師が笑顔で生き生きと働けることが、患者さんやご家族のみなさんへの安心・安全な看護の提供につながり、地域のみなさまから選んでいただける病院になることだと考えております。
 自分たちが目指す看護師に近づけるような教育体制の整備とともに、職員が働き続けられる職場づくりを目指していきたいと思います。
 余市町の四季の変化を楽しみながら、一緒に看護を語り・学び、ともに成長し充実した日々を送りませんか。
ぜひお待ちしております。

先輩からのメッセージ

回復期リハビリテーション病棟
東川 楓

先輩ナースからのメッセージ

最初は不安でいっぱいでしたが、余市協会病院では1週間ほどかけて様々なオリエンテーションや演習を行うなど、新人が安心して働けるようなバックアップをしてくれます。また、病棟でも、プリセプターがついて一つ一つ丁寧に指導してくれます。入職してから2ヶ月が経過しますが、毎日楽しく仕事をすることができています。学生の時のように1人の患者さんとずっと関わることはできませんが、看護師や多職種と連携し、多くの患者さんと関わっていくことはとても充実し楽しいです。

北海道社会事業協会 余市協会病院(北海道)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院