帯広厚生病院

所在地: 北海道
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師
看護師数: 752人 病床数: 651床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

最も信頼され選ばれる病院づくりを目指します。

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

帯広厚生病院は2018年11月、旧病院から1Kmほど離れた現在地に新築移転し、新たな歴史を刻み始めました。
当院は1945年(昭和20年)に開設され、1955年には前病院敷地に移転し、次いでこの度の新築移転を行いましたが、この間一貫して十勝の住民の方々の健康を支えることを使命として”峠の手前で完結する医療”を目指し、地域に必要とされる診療機能の充実を図って参りました。新帯広厚生病院は「高品質な医療」「医療人の育成」「環境への配慮」を3本の柱に据えて設計・機器整備ならびに診療手順の見直しを行い、高度急性期病院として広く道東の皆様の期待にお応え出来る病院として、これまで以上に高度な専門性とチームとしての総合性を兼ね備えた医療を提供してまいります。

看護部長からのメッセージ

看護部長
小野 悦子

心よりも先に方法や技術が出てはならない

看護職の役割として診療の補助行為と療養上の世話があります。看護職の独自行為として責任を持つのが療養上の世話です。当院は、急性期病院であり診療の補助行為が中心になりがちですが、常に立ち止まり医療の対象である「ひと」を看ることを忘れないということを語り続けています。看護という仕事のやりがいを私たちと共に実践を通して学び感じましょう。

先輩からのメッセージ

帯広厚生病院
名寄市立大学卒業

先輩ナースからのメッセージ

私は小児科を含む病棟で勤務しています。小児科配属の希望が叶い喜びました。 しかし新しい環境で緊張し、知識技術も未熟で不安ばかりでした。そんな私をプリセプターや先輩看護師さんは、いつでも見守り、指導して下さっています。
今では落ち着いて患者様と話ができ、安全安楽を意識した関わりもできるようになってきて、成長している自分を実感しています。また、当院は新人看護師研修を受ける機会がたくさんあり、同期と悩みを相談する場ともなり元気をもらえます。 入職して約1年がたち、未熟な点はまだまだありますが、さらに学び続け患者様の立場になり寄り添った看護が出来るよう頑張りたいと思っています。

病院概要

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
院長名 菊池 英明
看護部長 小野 悦子
病床数 651床
職員数 1518人(うち、看護職員数752人)
患者数 外来:1593人/日 入院:586人/日
診療科目 小児科、外科、整形外科、形成外科、精神科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、脳神経内科、血液内科、脳神経外科、心臓血管外科、循環器内科(循環器・腎疾患)、呼吸器内科、消化器内科(消化器・内分泌・ 糖尿病・リウマチ・膠原病)、総合診療科、緩和ケア内科
センター・施設
救急指定 三次救急
看護体制 -
看護方式 固定チームナーシング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、小児救急看護、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護、乳がん看護、認知症看護、皮膚・排泄ケア、他 、 小児救急看護認定看護師、
専門看護師 専門看護師が活躍しています
がん看護、慢性疾患看護
病院所在地 〒080-0024 北海道帯広市西14条南10丁目1番地
アクセス JR
帯広駅下車 徒歩30分
URL 「帯広厚生病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 紋別高等看護学院・小樽市立高等看護学院・天使大学・札幌市立大学・名寄市立大学・北海道文教大学・旭川大学・帯広高等看護学院・釧路医師会看護専門学校・浦川赤十字看護専門学校・釧路孝仁会看護専門学校・日鋼記念看護学校・北海道ハイテクノロジー専門学校・駒沢看護専門学校・北海道医薬専門学校・勤医協札幌看護専門学校・亀田医療技術専門学校・あびこ助産師専門学校・洛和会京都厚生学校・旭川厚生専門学校
助産師募集 *総合周産期母子医療センター指定、分娩件数1074件

この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院