国家公務員共済組合連合会 斗南病院

多職種チームカンファレンスで情報共有し、互いの専門性を生かしながら支援しあい、質を高めています。看護の基本としては、「和(思いやり)」「話(コミュニケーション」「輪(チーム医療)」「我(看護職としての自律)」の4つの「わ」を大切に、患者さんの立場に立った看護を提供していきたいと考えております。


募集職種
  • 看護師
病床数 283床
外来患者 650名 入院患者 230名
看護体制 7対1 入院基本料1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 斗南病院は、札幌の中心部にある総合病院です。「斗南」というのは、北斗七星より南、転じて宇宙を指す意味で、初代病院長が北海道有数の名病院にしたいという願いを込めて命名しました。
 北海道がん診療連携指定病院の認定を受けており、消化器がんをはじめとした内視鏡手術、腹腔鏡手術は、全道の中でも高い実績があります。がん化学療法においても、先端医療を提供し、新病院になってからは放射線治療も可能となり、がんの3本柱である治療がすべてできる体制を整えております。
 教育・研修においても、臨床研修病院として研修医をはじめ、看護師やメディカルスタッフの実習施設として、次世代の医療職育成に力を入れています。院内には2分野の専門看護師と7分野の認定看護師が活躍しており、研修支援も積極的に行っています。
 当院の理念である”良質で優しい医療”は、治療の中心は、常に患者さんであることを意味しており、、患者さん・ご家族の意志を最大限尊重しインフォームドコンセントを重要視しています。地域支援病院としても地域のクリニック、医療機関と密に連携しながら、患者さんや、地域の医療機関から真に選ばれる病院、「斗南」の名に沿うような医療を目指して、全職員で邁進してまいります。

看護部長からのメッセージ

看護部長・認定看護管理者
中野 りか

安全で誠実、やさしい看護を目指して

私たちは、病院理念である「良質で優しい医療を目指します」を基軸として、患者さんやご家族の尊厳を尊重し、安全で、誠実、優しい看護を心がけます。
そして、高度急性期医療を提供する病院の看護師として、専門職能を磨くために自己研鑽し、他職種や地域の方々とのチーム医療や連携においても、責任や役割を果たすよう努めます。
当院の看護体制は、互いに信頼・尊重し、慮りながら協働するPNS®(パートナーシップ・ナーシング・システム)です。日々の看護の中で互いが良きパートナーとして相互に補完し、自律・自助を基本に、より質の高い看護を提供していきたいと考えております。

先輩からのメッセージ

看護師
8階病棟看護師 河野 安純

3年目看護師の先輩から皆さんへ

私が勤めている部署は、消化器内科、血液内科、眼科の混合病棟です。
血液内科の患者さんは、治療期間が長期にわたることから、治療期間を過ごす不安や様々な思いに寄り添う看護を実践しています。学生時代は、患者さんとお話しすることで精一杯だったため看護を実感できませんでしたが、今は患者さんと信頼関係を築いてより深く看護することが出来ていると実感し、やりがいに感じています。
また、斗南病院はPNS体制を採用していて、先輩方の知識や技術を学びながら一緒に看護をするので不安なく働けます。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

国家公務員共済組合連合会 斗南病院(北海道)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院