新潟県済生会三条病院

ーこのまちで 育み、紡ぐ 思いやりの心ー
 済生会三条病院でいっしょに働きませんか。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 199床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は新潟県のほぼ中央、県央地区に位置しています。三条市、加茂市、燕市、田上町、弥彦村を診療圏とする地域密着型の2次救急病院です。
 
 「恵まれない人に医療の手を差し伸べる」という済生会精神のもと、質の高い医療と、思いやりの心で地域に貢献することをめざしています。
 
 急性期医療だけでなく、地域に戻られる患者さんを切れ目なく支えていくために地域包括ケア病棟を持ち、退院支援を積極的に行っています。
 
 産科・小児科の診療科があり、生命の誕生から、看取りまで、人生すべての場面で、看護師として寄り添うことができる環境です。
 新人職員はプリセプターをはじめ、職員全体で育成することをモットーにきめ細かい指導、研修を行っています。199床と規模は決して大きくありませんが、職員一人ひとりの優しさやアットホームな雰囲気がウリです。こんな環境の中でぜひ、一緒に理想の看護を追求していきましょう。

看護部長からのメッセージ

看護部長
池 穂波

済生会三条病院の看護部が「大切にしていること」

看護部の大切にしていることは「思いやりの心」です。
私たちが考える思いやりの心とは「相手の立場に立って考えること」です。これは患者さんに対してだけではなく、病院で働く仲間同士でもとても大切なことだと考えます。
「思いやりの心」は信頼し合う風土の醸成につながり、安心・安全な職場環境が構築されると思います。
誰もが安心して意見を言い合い、受け止める、そこから学びを深めていく「学び合い、共に育つ組織」を目指しています。

先輩からのメッセージ

北3F病棟
齋藤 綾

患者さんの笑顔や優しい先輩たちに支えられ、成長しています

小学生の頃から看護師に憧れていました。地元の病院で働きたかったので、インターンシップの際に雰囲気が良く、優しい先輩がたくさん活躍していると感じた当院を志望しました。現在は急性期を過ぎた患者さんが中心の地域包括ケア病棟に所属し、退院に向けての支援を行っています。
初めて夜勤を任された時は緊張しましたが、わからないことは相談しながら進めることができたので、今ではずいぶん夜勤に慣れたように思います。患者さんに元気を与えるというよりは、まだまだ患者さんの笑顔や温かい言葉に救われることが多い私ですが、尊敬する先輩たちの仕事ぶりと人間力を見習って、一歩ずつ成長していきたいと思います。

新潟県済生会三条病院(新潟県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院