独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 九州病院

地域社会・地域住民へ貢献する基幹病院を目ざして


募集職種
  • 看護師
病床数 575床
外来患者 764名 入院患者 452名
看護体制 7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

1955年に九州厚生年金病院として設立。2004年現在地に新築移転しました。病床数575床(ICU、NICU、HCU、緩和ケアを含む)、標榜科目47科の急性期医療施設として、北九州における基幹病院の役割を担っています。
2019年度1日平均患者数452人、平均在院日数11.6日、病床稼働率85.6%、職員数は1,132人、そのうち看護職員は681名です。
新生児から超高齢者までの循環器疾患治療と心臓外科手術、地域がん診療連携拠点病院としてがん看護、緩和ケア、福岡県地域周産期母子医療センターとして周産期医療、小児医療に取り組んでいます。
また、救急告示病院としてヘリポートの設置、救急医療体制の充実にも力を注いでいます。

看護部長からのメッセージ

看護部長からのメッセージ

九州病院の看護部では、急性期病院に期待される
患者さんの生活を考えた看護の実践を目指しています。

そして、これまで看護の質評価や継続教育に
積極的に取り組んできた伝統を生かして、
学ぶ環境を整え、「看護が好き」という看護師を
育てていきたいと思っています。

私たちと一緒に、
「急性期病院の看護」を考え、実践していきましょう。

先輩からのメッセージ

3年目看護師
Hさん

先輩ナースより

急性期から回復期、終末期までの循環器内科の患者さんを受け持ち日々忙しいですが、他のスタッフと協力し合いながら頑張っています。入職当時は忙しさや分からないことも多く大変なこともありましたが、先輩たちからの指導や優しい励ましなどがありとても心強かったです。院内での研修や勉強会も多くあり、勤務年数に応じた学習ができることも良い環境だと思います。1年目のローテーション研修では、病棟勤務の私は普段体験できないような救急外来やICU・手術室の見学があり、病棟との連携や手術内容や全身状態の管理などの多くの学びが刺激になりました。
病棟でも新しい技術や治療、患者さんの退院後の支援や指導を行うことも多く日々学びがあります。多職種スタッフと連携し退院支援なども行います。急性期患者さんが元気になり歩いて退院していく姿を見届けることができたときはとても嬉しくやりがいを感じます。3年目になり、後輩の指導やこれから重症度の高い患者さんの受け持ちをすることも増えてくるので、今後も継続して学習を行い知識のある優しい看護師になれるように頑張っていきたいです。

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 九州病院(福岡県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院