川口市立医療センター

所在地: 埼玉県
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 504人 病床数: 539床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

川口市立医療センターは埼玉県南地域の基幹病院として、高度・特殊医療や救急医療、地域医療連携を診療の3本柱として担っています。それらの機能を十分に発揮するために、最新の知識と高い専門性を有する医師や看護師をはじめ、多くのスタッフがチームとして活動しています。私達スタッフは患者・市民が常に安心して当センターを利用できるよう、安全で質の高い医療を提供していきます。思いやりのこころを携えながら。

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

====================================================
 
「人をおもいやり、安全で良質な看護を提供します」を基本理念に、地域に信頼される看護の提供を目指しています。また一般診療科から特殊科まで多岐にわたる患者さまに対応できるように専門性を追求し、質の高い看護が実践できる人材育成に努めています。

看護部長からのメッセージ

看護部長より

 当センターは地域の基幹病院として、救命救急センター、周産期センター、画像診断センターなどの特殊機能を備え、専門医療に対応できる質の高い看護が求められています。
 看護部では、組織の中で主体的に役割を発揮し、常に患者さまの視点で看護できる人材育に向けて、勤務時間内のラダー研修を充実させています。院内留学制度や認定看護師による
専門講座の開講、救急車同乗者研修、訪問看護研修、海外研修制度など院内外研修も積極的に行っています。また、教育ツールとして、各部署にiPadを整備しe-ラーニング活用しています。
 9分野12名の専門・認定看護師や、JICAに所属し緊急医療援助隊として活動する看護師など、
様々な分野で看護師が活動していま

先輩からのメッセージ

新人をひとりにしない

 新人看護師は、初めての仕事・職場でとても緊張していると思います。当センターは、パートナーシップナーシングを行っているので、2人1組でケアや記録を行っています。
いつでも聞ける人がいるので心強いですよ。

病院概要

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
開設者 川口市長
開設日 昭和22年2月11日
院長名 大塚正彦
看護部長 佐藤 千明
病床数 539床
職員数 714人(うち、看護職員数504人)
患者数 外来:1094人/日 入院:454人/日
診療科目 内科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、消化器外科、精神科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、脳神経内科、腎臓内科、血液内科、歯科、小児外科、呼吸器外科、心臓外科
センター・施設 総合健診センター、画像診断センター、周産期センター、救命救急センター
救急指定 三次救急
看護体制 看護体系 7:1
看護単位 15単位(病棟12・外来・手術室・透析室)診療所2
勤務体制 変則2交替・2交替・3交替
看護方式 チームナーシング
受け持ち制看護
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、新生児集中ケア、糖尿病看護、皮膚・排泄ケア
専門看護師 専門看護師が活躍しています
老人看護
病院所在地 〒333-0833 埼玉県川口市西新井宿180
アクセス 1.埼玉高速鉄道線「新井宿」駅より徒歩約10分
2.JR京浜東北線「川口」駅東口・「西川口」駅東口・「蕨」駅東口より新井宿駅行きバスで「医療センター」下車
3.JR「赤羽」駅東口から医療センター行きバスで終点下車
URL 「川口市立医療センター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 埼玉県立大学、目白大学、東都医療大学、首都大学東京、帝京大学、川口市立看護専門学校、埼玉県立高等看護学院、埼玉県立常盤高等学校等
機能・特質 地域がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センター、基幹災害医療センター

教育・研修制度

キャリア開発

K-CLaS

人材育成・キャリア開発を目標に、外部講師や認定看護師を多く活用し多岐にわたる教育プログラムを企画しています。
また、認定看護師育成制度・救急車同乗者研修・海外研修制度等キャリアアップの機会が豊富にあります。

職場の雰囲気

私の一日

救急で搬送された患者さんの対応や看護を通して知識を深め、日々の実践から回復を見届けられることにやりがいを感じています。救急対応は、時・人・場所を選ばないため、院内でも、スタッフがスムーズに対応できるように、研修や学習会を開催し、質の向上に努力しています。

産科病棟では、入院が必要なハイリスク妊娠の方から正常分娩まで、幅広くケア出来る体制を整えて下ります。大切な赤ちゃん一人ひとりとそのご家族の幸せを願い、より良いお産と育児に繋がるよう日々の助産・看護にあたらせて頂いています。

緩和ケアは、患者さんやご家族の方々が、治療のあらゆる課程で「その人らしく」生活の質を維持して過ごしていけるように、多職種で同じ目標に向かって支援を行っています。リンパ浮腫ケアやメンタルケア・疼痛コントロールなど様々な看護実践を通し人に寄り添える看護のやりがいに繋がっています。

日常風景

病院内エスカレーター
デイルーム
屋上庭園

この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院