中央市民病院

充実の救急医療、高度先進技術の提供


募集職種
  • 看護師
病床数 768床
外来患者 1995名 入院患者 664名
看護体制 一般病棟7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

神戸市立医療センター中央市民病院は、神戸市の基幹病院として、市民の生命と健康を守るため、患者中心の質の高い医療を安全に提供する。
 
当院の特徴は、救急部門や各診療科等が一体となり、単なる応急処置にとどまらない救急医療・高度医療を患者さんに提供する体制が構築されていることです。厚生労働省の2019年度の救命救急センター充実段階評価においても、当院は充実段階「A」、評価項目点数では6年連続で全国1位に評価されています。 
地域医療機関との連携や役割分担のもと、救命救急センターとして365日24時間体制の救急医療を提供し、(平成29年実績:救急外来患者数34,775人、救急入院患者数7,863人、救急車搬送受入数10,162人)市民の生命と健康を守るため、引き続き「断らない救急」を実践してまいります。 
多くの患者さんに「断らない救急医療」を提供していくためには、極めて高い病床稼働率、限界に近い在院日数短縮という状況で病院運営を実践しなければなりません。そのためにも、今後とも地域医療機関の皆様方との、精度を高めた紹介・逆紹介システムによる一層の連携強化を図ってまいります。 
 


看護部長からのメッセージ

副院長・看護部長
藤原 のり子

看護部長ご挨拶

当院の理念は、市民の生命と健康を守るため、患者中心の質の高い医療を安全に提供することです。特に、地域医療機関との連携と役割分担のもと「断らない救急医療」「高度先進医療」を実践しています。厚生労働省が毎年行っている、救命救急の診療体制や患者受け入れについて4年連続日本1位と評価されました。
私たち看護部は、その理念のもと、「断らない救急」を常に心がけ、かつ高度先進医療を受ける患者さんに適切なケアが提供できるように努力しています。
それは、治療からの早期回復を促すケア、重症化を予防するケア、生活機能の低下を最小減にするケアです。
看護師一人ひとりが、患者さんの体と心に向き合い、患者さんの声に耳を傾け、患者さん一人一人を大切にした看

先輩からのメッセージ

3階西病棟・2017年入職
藤井さん

子どもや家族としっかり向き合って看護ができる環境です

小児科で実習をさせていただいた際、指導者さんから熱心な指導を受けたことや、看護師の患者さんに対応する丁寧な関わりを見て当院を選びました。もともと小児科を希望しており、入職後も子どもや家族に向き合う時間を多くとれるので、この病院を選んでよかったと思っています。
患者さんとのエピソードで、印象に残っていることは、長期入院となった子の受け持ちをしていた際、日々ご家族とコミュニケーションを取っていくうちに思いを話してもらえることが増え、訪室すると喜んでくださったことです。退院が決まったときに「ここまで良くなると思っていなかったです」と、子と家族の笑顔を沢山見られたことがとても嬉しく、印象に残っています。
1年目の秋~冬頃は一人でメンバーとして動くことが増え、失敗や戸惑うことが多くありました。プリセプターさんが毎日振り返りをしてくださり、できたことや成長したことを認めていただけたことで、自信につながり頑張ることができています。
よい良い看護を目指して、一緒に頑張りましょう!お待ちしています。

中央市民病院(兵庫県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院