神戸赤十字病院

当院は、神戸東部副都心HAT神戸に急性期病院として平成15年に設置され併設の兵庫県災害医療センターの後方病院として災害救急医療の拠点の一翼を担っています。赤十字精神に基づき個々の患者さまの人権や意思を尊重して最善の看護サービス提供に努力しています。
《看護師 追加試験決定》令和3年9月4日(土)に看護師採用試験を行うことが決定致しました。詳細は、当院ホームページをご確認下さい。


募集職種
  • 看護師
病床数 310床
外来患者 500名 入院患者 290名
看護体制 7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

【採用試験について】 

2022年採用 看護師職員の採用試験日程は下記のとおりです。
 
第1回目 2021年4月24日(土)・25日(日) 

〔応募締切:2020年4月14日(水)必着〕

第2回目 2021年5月22日(土) 

〔応募締切:2021年5月12日(水)必着〕

第3回目 2021年6月26日(土) 

〔応募締切:2021年6月16日(水)必着〕

※第4回目 2021年9月4日(土)\New!/ 
 
 [応募締切:2021年8月25日(水)必着]
 ※神戸赤十字病院配属希望の方のみの試験日となります。ご注意下さい。
 ※兵庫県災害医療センター配属希望の方は、随時受付致します。書類選考後、面接試験となります。


※当院では、新型ウイルス感染症の影響を考慮し、インターンシップ・院内見学会を中止しております。
 施設説明会は実施致しますので、当院看護部サイトの施設説明会ページをご確認ください。
 ※今後何か決定事項がございましたらホームページでご案内させていただきます。

 
 当院は、神戸の中心地三宮から1駅、徒歩圏内に位置し、仕事とプライベートが充実できる病院です。地域の急性期医療を担い、隣接する災害医療センターと連携しさまざまな治癒過程の患者さんとの出会いがあります。急性期医療を目指す方にとって、やりがいを持って自己のキャリアアップができます。また、赤十字の特色でもある、国際救援・国内救護活動も積極的に行われ、平時から語学研修の開催や救護訓練などに力を入れています。

看護部長からのメッセージ

看護部長
松本 ゆかり

「人道・博愛」の赤十字精神のもと、患者さまの尊厳を守り、心のこもった看護を提供します。

神戸赤十字病院看護部では、専門職として知識・技術を身につけ、安全で安心できる良質な看護を提供できるよう、教育環境を整えています。時代と共に看護師の活躍の場は大きく広がっており、また働き方も変わってきています。認定看護師など専門資格取得希望者のキャリアアップを支援するとともに、災害救護活動、国際救援活動、救急法・健康生活支援講習指導員など、赤十字病院の特色ある活動の場をとおし活躍できる看護師を育成し、あなたの未来を広げます。
 神戸赤十字病院で、皆さんの夢の実現に向けて、看護の仕事に対する誇りややりがいを胸に、いきいきとキャリアを積み重ねていきましょう。

先輩からのメッセージ

看護師1年目
T.M

私の目指す看護師像!

私が神戸赤十字病院を選んだのは病院の理念や目標が、私の目指す看護師像と合致していたから。
ラダー制度があり、自分の目指すべきレベルが分かり、着実に知識や技術の習得が出来るのではと思ったからです。

入職して良かったこと、辛かったことは
良かったこと:患者さんが「元気になりました!」と、ICUに顔を見せに来て下さったとき。私の体調を心配して声をかけて下さったこと。

辛かったこと:業務に追われ、患者さんに+αのケアが出来なかったこと。

今後は、正確な知識と技術を身につけ、アセスメント能力の高い看護師になりたい。
また、常に患者さんの状態をイメージしながら個別性のあるケアを考え実施していけるようになりたい。
どんなに忙しい時も患者さんを同じ人として尊重し、対応していける看護師になりたい。

このメッセージをご覧のみなさん!
毎日覚えることや勉強することも多く大変だなと感じる時もありますが、その分できなかったことが出来るようになったとき、分からなかったことが分かった時の喜びは大きいと思います。
個人としてだけでなく、チームで患者さんを看る楽しさが看護にはあると思います。
少しでも興味があればぜひ見に来て下さい!

神戸赤十字病院(兵庫県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院