新百合ヶ丘総合病院

2020年4月増床!!563床の病院へ!
急性期・回復期・緩和ケア病棟と患者さんの一生に関わることのできる病院です!


募集職種
  • 看護師
病床数 563床
外来患者 1000名 入院患者 420名
看護体制 一般7:1予定
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新百合ヶ丘総合病院は、新宿から約25分の小田急線 新百合ヶ丘駅近くに、地域の要請を受け、
 2012年8月1日に開院し、2020年4月には563床の病院へと成長いたしました。
  
 「すべては患者さんのために」 という南東北グループの理念を凝縮し、
 新百合ヶ丘総合病院は、チーム一丸となり、一人ひとりが日々の活動と当院のこれからを担う病院です。
 
 救急医療とがん、脳疾患、心臓病を中心とした高度先進医療の提供と、産婦人科・小児科を含む高度・急性期医療を充実させてまいります。
 
 患者さんのため、そして看護職員にとっても最新の機能とサービスを提供する病院でありたいと願っています。
 
 緑豊かな環境で、新たな一歩を共に歩むと同時に、あなたの色を活かし活躍しませんか?
 スタッフ一同、お待ちしております!

看護部長からのメッセージ

看護職の皆さまへ

当院はこの地域の医療ニーズに応える総合病院として2012年8月に開院しました。

この地域は交通の便も良く、若い世代から定住化した方々が住み、人口が16万を超えるようになりました。川崎市麻生区の高齢化率は17%であり、小児科・産科の需要もありますが、将来を見据え地域支援病院として地域に貢献していくことが期待されています。今後も救急部門の拡充や緩和ケアなどの増床を予定しており、広く地域に利用される病院として貢献してまいります。

歴史の浅い病院ですが、「すべては患者さんのために」の理念のもと、安心と信頼が築けるよう看護部もすべての職種とチームを組んで活動し、働きやすい環境を整え地域医療に取り組んでいく所存です。

新百合ヶ丘総合病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院