市立四日市病院

三重県の北勢医療圏における最大の急性期病院として、救急医療・高度医療を提供し、地域の基幹病院としての役割を果たしています。近年、高精度放射線治療装置の導入、化学療法室の拡張整備、内視鏡下手術支援ロボットの導入により、がん治療強化を図っており、2019年4月に厚生労働省から地域がん診療連携拠点病院の指定を受けました。また、急性期医療のさらなる充実を図るため、ICU・HCUの改修に取り組んでいます。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 568床
外来患者 - 入院患者 -
看護体制 7:1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

看護部 理念 【やさしさ・信頼 
看護部方針:私達は 1.相手を尊重し、公平で思いやりの態度で接します。 

 2.安全で安楽なケアを提供し、事故防止に務めます。 
 3.患者・家族の生活の質を重視し、満足度の高い看護を追求します。 
 4.チーム医療を推進し、地域連携・継続看護の充実を目指します。 
 5.専門職としての責任と使命を自覚し、自己研鑽を重ね人間性豊かな看護師を目指します。 
 6.病院経営計画に基づき、経済性・効率性を考慮して改善に務めます。 
看護部メッセージ 看護部では、「やさしく信頼されるナース」を目指し、看護師のやりがいにつながる人材育成・キャリア開発の支援、活気ある働きやすい職場づくりに努めています。ワークライフバランスの取り組みとして、12時間変則2交代勤務体制と新しい看護提供方式(PNS)への変更、また、新人臨床研修の充実と支援に力を入れてきました。今後は、更なる発展の為、スキルの向上だけでなく「看護のマインドに磨きをかける」取り組みを行っています。

 「協力・相談のしやすい同僚や情報共有・評価が適切な上司のいる、とても働きやすい職場環境です。」(第3者機関による職員満足度アンケート結果、卒後5年以内の看護師のメッセージ)
 

看護部長からのメッセージ

看護部長
川島 好子

安心して就職できる教育システムの構築をしています

 新人看護職員の教育には、臨床研修を整備し、さらに中途採用者や潜在看護師にも教育を行うなど、安心して就職できるシステムを構築しています。新人ナースを支えるサポート体制やPNSにより知識・技術面だけでなく、メンタル面のサポートにも力を入れています。患者と向き合い、「考える力」のある看護師を育成していきたいと思います。

先輩からのメッセージ

5C病棟(外科病棟)
村上 ほのか

私たちも頑張っています!

 私は外科病棟で働いています。就職した頃は仕事を覚えるのに必死で、毎日不安なことばかりでした。でも、プリセプターや先輩たちに支えられ、少しずつできることが増えていきました。また研修では、課題も多く大変ですが、同期と学びを共有することで自分の成長につなげることができます。
 患者さんからの「ありがとう」の言葉を励みに、これからも看護師として成長していけるよう、頑張っていきたいと思います。

ナース専科からひとこと

新人研修の種類がどこよりも豊富。臨床研修を充実させ、新人ナースを支えている。 【研修項目の紹介】(新人臨床・基礎看護技術・倫理・感染予防、事故防止・夜間勤務準備・多重課題・記録と看護課程・電子カルテ・リラックス・新人救急看護・スキンケア・ケーススタディ・新人看護必要度・リーダーシップ1・感染防止徹底・看護診断レベルアップ) 計16研修

市立四日市病院(三重県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院