上越総合病院(JA新潟厚生連)

患者さまの権利を守り、人に優しい良質な医療を提供します。
医療を通じて上越地域の発展に貢献します。


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 313床
外来患者 842名 入院患者 285名
看護体制 -
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

当院は、まだ医療保険制度の無かった昭和10年に、医療組合病院として出発しました。
貧しい農民で構成される組合員からの出資を元に、創立された病院です。
当時の賛同者は『国民の中、飢えて食無く、病て医する無き、この階層を有するは、文明国の恥辱にして、我が国家理想の冒涜なり』という理念を旗印として、困難を乗り越え、病院を開設したと記録に残されています。
この時代から80数年が経ち、人口構成・疾病・医療の内容など大きく変化しましたが、当時とは別の意味で、今尚『病て医する無き』があるように思います。先人がこの病院に託した思いを、しっかり受け継いでいける病院でありたいと願っています。

資料請求を頂きました方には、デジタルパンフレットをメールでお送りいたします(自動返信)

▼お問い合わせはこちら (JA新潟厚生連本部での受付)

▼教育体制はこちら

▼職場の雰囲気はこちら

看護部長からのメッセージ

笑顔のあるところに人は集まる

私たちは、専門職として働き続けられる職場環境を整備し、
地域の皆さまのお役にたてる、選ばれる病院でありたいと思っています。
教育体制の充実を図り、「看護を語れる」人材育成を目指します。
私たちと一緒に、地域を支える一員になりませんか?
あなたの「笑顔」と「免許」を上越総合病院で活かしてください。

先輩からのメッセージ

先輩看護師インタビュー

Q看護師になって嬉しかったことは?
入ったばかりの頃は業務を覚えることで精一杯でしたが、だんだんと患者さんの表情にも目を向けられるようになりました。あるとき「昨日より調子良さそうですね」と声をお掛けしたら、「うん。良くなってきた」と返して下さって。患者さんの元気はもちろん、自分で気づけたことも嬉しかったです。

Q看護師になって大変だったことは?
患者さんの命を預かっている仕事なので、毎日責任を感じながら仕事をしています。けれど自分のミスで患者さんに迷惑をかけてしまったことがあって、それは完全に勉強不足のせい。もっと勉強しなくちゃと思いました。

Q未来の後輩へのメッセージをどうぞ!
今でもわからないことの方が多いし、落ち込むことも多いけど、業務に慣れてくれば患者さんへ目を向けられることもできて、それが看護のやりがいにつながるのかと思います。辛いことがあっても続けること。自分もそうしようと思っています。

上越総合病院(JA新潟厚生連)(新潟県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院