新潟医療センター(JA新潟厚生連)

生命の尊重と人間愛を基本として、地域社会の医療・保健・福祉に貢献することをめざします。


募集職種
  • 看護師
病床数 404床
外来患者 603名 入院患者 329名
看護体制 -
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

新潟医療センターは新潟市の西区でベッド数404床を持ち、急性期医療を中心に慢性期、在宅医療まで含めた幅広い領域で診療を行っております。地域の要請に対応し、地域医療機関や介護施設のサポート等、医療・介護・福祉の中心として多くの活動を行っております。皆様がたの健康を守り、安心して暮らしていただけるために、最新の設備を整えると同時に、職員一同質の高い医療を提供できるよう心がけております。私たちは、患者様のお考えを尊重し、少しでも患者様の立場に立って診療、看護を行えるよう医師、看護師を始めすべての医療従事者が教育、研修に取り組んでおります。当院の基本理念である「安全で質の高い医療」、「地域の皆様に満足して頂ける医療」の提供のため職員一同、日々研鑽に努めてまいります。

資料請求を頂きました方には、デジタルパンフレットをメールでお送りいたします(自動返信)

▼お問い合わせはこちら (JA新潟厚生連本部での受付)

▼教育体制はこちら

▼職場の雰囲気はこちら

看護部長からのメッセージ

看護部長
宮澤 直子

看護部長からのメッセージ

新潟医療センターは、急性期から回復期、緩和ケア、在宅医療と幅広い医療・看護を提供しています。当院は西区及びその周辺地域の皆様からご利用いただいている、地元に根ざした病院です。患者様やご家族のお気持ち・お考えを尊重した看護ができるよう、看護部の理念を「看護を必要とする人の心に沿い、ともに考え、ともに喜び、安全で信頼のできる看護を提供します」としています。看護職員一人一人が患者様やご家族の声に耳を傾け、信頼関係を築くことから看護の第一歩が始まります。皆様との出会いを大切に、経験を学びに変えられるような看護部づくりを目指しております。

先輩からのメッセージ

新潟医療センター
先輩ナース

先輩看護師インタビュー

Q1. 看護師になったきっかけは?
東日本大震災の被災地へ医療スタッフとして派遣された看護師さんの話を聞いたことがきっかけです。自分の睡眠も食事も十分に確保できない環境であるにも関わらず、生き生きと活動されていました。私も誰かの役に立ちたいと思い看護師になることを決めました。
Q2. 現在の仕事は?
脳外科・神経内科病棟に勤務しています。主に脳梗塞や脳腫瘍の患者様が入院されています。麻痺や失語があったり、身の回りのことに介助を必要とする方が多いです。点滴・内服管理はもちろんのこと、食事や排泄介助など日常生活の援助を行っています。
Q3. 仕事のやりがいは?
患者様やご家族に感謝されることが一番のやりがいです。退院されていく姿を見ると本当に良かったと思います。看護師になって1年が過ぎ、できることも増えました。患者様のために自分で工夫しながら看護を行うことにもやりがいを感じています。
Q4. オフの過ごし方は?
友達とご飯に行ったり買い物をしたりして楽しんでいます。連休には旅行にいくこともあり、仕事とプライベートの両立ができています。

新潟医療センター(JA新潟厚生連)(新潟県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院