小牧市民病院

所在地: 愛知県
病院形態: 公立病院(都道府県市町村組合)
募集職種: 看護師 助産師
看護師数: 676人 病床数: 520床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

全国に11万近くある病院の中から、
当院に興味をお持ち下さったご縁に心から感謝申し上げます。

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

 
小牧市民病院は、健診センターを併せ持つ病床数558床の病院です。現在29の標榜科があり、尾張北部医療圏を担う救急救命センターを持ち、第三次救急指定病院としての診療を行なっています。

また臨床研修指定病院、災害拠点病院の役割を担っていますが、2005年1月には地域がん診療連携拠点病院の指定も受け、診療領域の強化とともに、医療の質・内容の向上のため、ハード面はもとよりソフトも一層充実させています。

2012年に緩和ケア病棟が開設し、2019年5月1日には新病院が開設しで、地域における当院の役割はさらに大きくなっていきます。

先進的な医療を提供するとともに、地域のみなさまに支えられる公立病院として、「小牧市民病院に来てよかった」と感じていただけるような温かい病院づくりを全員で目指しています。

+。・☆・。+。・☆・。+。・☆・。+。・☆・。+。・☆・。+。・☆++。・☆・。+。・☆・。+。・☆・。+。

◆看護部理念◆

1. 看護専門職としての役割、小牧市民病院の職員としての役割を自覚し、
    職業上必要な能力を獲得するために、自律的に学習できる人を育成をする。
2. 人を尊重し円滑な人間関係を構築できる人を育成する。
3. 個人が、発達課題やライフサイクルに応じて職業人として成長していくことを支援する。

+。・☆・。+。・☆・。+。・☆・。+。・☆・。+。・☆・。+。・☆++。・☆・。+。・☆・。+。・☆・。+。

◆当院が求める看護師とは・・・◆

1. 小牧市民病院の職員としての役割を自覚し、看護専門職としての判断力・指導力・調整力を持ち、
    チーム医療を推進できる。
2. 専門職としての責務を自覚し、常に自律した行動をとることができる。
3. 根拠に基づいた看護実践を行うことができる。
4. 看護師として必要な知識・技術・態度をバランス良く備え、自己啓発に努めている。
5. 誰に対しても常に笑顔と思いやりの心で対応できる。

看護部長からのメッセージ

看護局長
木全 啓子

力を合わせて一緒に成長していきましょう

毎年、多くの新人看護師さんが当院で最初の看護師人生をスタートされます。
学校で学んできた看護知識と臨床現場ではまた違った能力の発揮が求められるようになります。プリセプターをはじめ数年前に同じ気持ちを感じていた先輩看護師達が全力でバックアップしますから、心配せずに成長への階段を一歩一歩進んでもらえればと思います。お陰様で看護師の離職率も低くなってまいりました。医療看護の世界が非常に奥の深い世界であることは皆さんもご存じの通りです。その中で私たちに出来ることは何か、という問いかけに対して、一緒になって答えを見つけようと頑張ってくれる仲間を私たちは求めています。
共に切磋琢磨できる方がお越し戴けることを心よりお待ち申し上げております。

先輩からのメッセージ

がん性疼痛看護認定看護師
村路 主任看護師

ぶれない気持ちを持ち続けることが何より大切

研修で学び得た多くの知識を患者さんに還元したいと気合充分で復帰しました。
しかし、臨床現場はいつも戦場のように慌ただしく、その中で常に患者さん中心の看護のモデリングを示すのは、とても難しいと痛感しています。ただ、同じ仕事をするのなら、患者さんにとって一番良い看護をしていきたいと思う気持ちは忘れていません。
このぶれない思いを持ち続ける事が何より大切なのだと信じています。

Q:認定看護師として、常に心がけていることはなんですか?
 目を向けるべき対象は、患者さんだけではないという事を意識しています。現場で直接、患者さんにあたるスタッフの状況や考えも理解し、お互いにサポートし合わないと、良い結果は生まれないと思うからです。理想としては、患者さん家族から喜んでもらえる結果を目指し、全てのスタッフと共に頑張っていけたらいいなと思っています。

Q:認定看護師になってよかったと感じる瞬間はどんなときですか?
 自分のアセスメントやスタッフとともに実践した看護が患者さんの苦痛の緩和に結びついたと実感できた時には、喜びで全ての疲れも飛んでしまいます。また、認定看護師になったからこそ出会えた仲間がいます。これは人生を通した宝だと思っています。

ナース専科からひとこと

小牧市民病院は、1991年に愛知県下8番目の救命救急センターとして指定され、尾張北部はもとより名古屋市北部に至る地域で救急治療にあたり、三次のみでなく一次、二次救急まで幅広く地域医療を担い多くの信頼を得ています。

病院概要

病院形態 公立病院(都道府県市町村組合)
開設者 小牧市長
開設日 1963年
院長名 谷口 健次
看護部長 木全 啓子
病床数 520床
職員数 1234人(うち、看護職員数676人)
患者数 外来:1270人/日 入院:433人/日
診療科目 内科、脳神経内科、腎臓内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、内分泌科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、リウマチ科、乳腺外科、緩和ケア科、病理診断科、救急科
センター・施設 救命救急センター、健診センター、人工透析、ICU、CCU、外来化学療法室
救急指定 三次救急
看護体制 一般病棟7:1
看護方式 チームナーシング
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア、慢性呼吸器疾患看護
病院所在地 〒485-0044 愛知県小牧市常普請1-20
アクセス 名鉄小牧駅東バスターミナル3番乗場から
「小牧市民病院北」下車、南へ3分
「小牧市民病院前」下車、南へ1分
URL 「小牧市民病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 JA岐阜厚生連看護専門学校
トライデントスポーツ医療看護専門学校
まつかげ看護専門学校
愛生会看護専門学校
愛知きわみ看護短期大学
愛知医科大学
愛知医科大学附属看護専門学校
愛知県医師会一宮市立看護専門学校
愛知県医師会立名古屋助産師学院
愛知県立総合看護専門学校
愛知県立大学
愛知県立桃陵高等学校
愛知総合看護福祉専門学校
一宮市立中央看護専門学校
岡崎市立看護専門学校
岐阜医療科学大学
岐阜医療技術短期大学
岐阜県立衛生専門学校
岐阜県立看護大学
岐阜市立看護専門学校
岐阜聖徳学園大学
岐阜大学
岐阜保健短期大学
京都市立看護短期大学
金沢看護専門学校
熊本看護専門学校
熊本保健科学大学
公立若狭高等看護学院
公立春日井小牧看護専門学校
公立瀬戸旭看護専門学校
国立京都病院附属看護助産学校
国立松本病院付属看護学校
佐久大学
札幌市立大学
三重県立看護大学
三重県立看護短期大学
三重大学
山梨県立大学
四日市医師会看護専門学校
四日市看護医療大学
滋賀県済生会看護専門学校
滋賀県立看護専門学校
滋賀県立大学
松陰看護専門学校
信州大学
常葉大学
人間環境大学
椙山女学園大学
聖隷クリストファー大学
静岡県立大学
石川県立看護大学
専門学校名古屋医専
倉敷中央看護専門学校
創価大学
大阪市立助産師学院
大阪大学
大阪府医師会看護専門学校
一宮看護専門学校
中京学院大学
中京看護専門学校
中部大学
朝日大学
長野県看護大学
鳥取県立大学
鳥取大学
東濃看護専門学校
藤田保健衛生大学
藤田保健衛生大学看護専門学校
独立行政法人労働者健康福祉機構中部労災看護専門学校
日本赤十字愛知短期大学
日本赤十字豊田看護大学
日本中央看護専門学校
尾北看護専門学校
福岡県私設病院協会専門学校
平成医療短期大学
豊橋創造大学
北海道美唄聖華高等学校
名古屋医療センター附属名古屋看護助産学校
名古屋市医師会看護専門学校
名古屋市立大学
名古屋市立中央看護専門学校
名古屋大学

教育・研修制度

新人研修

プリセプター制度やクリニカルラダーを充実させ、新人看護師であるみなさんをしっかりサポート!!

クリニカルラダーレベルと連動した教育プログラムになっています。
 ・認定看護領域や院内の各分野の研修会も活発に行われています。
 ・このほかに、看護協会や各専門領域の院外研修も支援しています。

------------◆力を入れていること◆------------

最近は、看護師の離職問題が何かと話題になっており、研究している人の話を聞いていると、離職として多いのが下記の時期に集中しているそうです。

【1】新人1~3年目
(理想と現実とのギャップ、覚えることが多すぎて
成長が実感できない、等の理由)
【2】入職5~8年目
(一通りの成長を終えた後の目標喪失、
結婚や出産後に復帰しづらい雰囲気、等の理由)

----------------------------------

こういった状況もふまえ、当院では平成20年度から教育管理室を設置して、教育専従の看護師長を配置しました。スタッフが教育を受けやすく、かつ成長しやすいプログラムを構築できるよう随時見直しをかけるようにしています。
これにより、離職率の低い病院となっています。

また、成長の実感を常に意識できるよう、クリニカルラダーの各ステップを修了するたびに、「認定書」なるものが看護師長より手渡されるようになっています。最初は受け取るのがちょっと照れくさかったですが、自身の成長をしっかりと実感させてくれる、とても良い制度だと思います。


中堅層に対するフォローとしては、「リスクマネジメント・院内臨地実習指導者研修・がんジェネラリスト研修」など、常に目標を持って成長を実感できるようなプログラムが新人以降にも豊富に用意されています。


当院は救命救急センターをはじめとした各種拠点病院として活動をしているため、私たち自身がひとつの領域の専門性を高めようと思うと、その活躍できるステージはほぼ無限に広がっているといっても過言ではないぐらいです。


実際に当院で勤務している先輩看護師の中でも、認定看護師の資格を取得した方が数多く出てきています。また復帰看護師に向けた支援プログラムも充実しているため、ライフイベント(結婚や出産)によって一時的に職場を離れたスタッフにも安心して復帰できる点も魅力のひとつだと思います。

新人看護師の受け入れ準備 -実地指導者研修-

先輩看護師達は、一緒に働く新人看護師のみなさん達が来るための準備をし、心待ちにしています♪

実地指導者とは・・・各配属部署に必ずいる先輩看護師です。

新人看護師の皆さんに、部署の新人看護師研修計画の説明、
基礎的な看護技術の指導や、精神的支援も行っていきます。
どういった研修であったか、のぞいてみましょう!

〓   〓   〓   〓   〓   〓   〓

1) 教育管理師長から★実地指導者の心がまえや必要な知識の講義★
2) 今年、実地指導者を経験した2人の看護師から★体験談のお話★
3) 新人看護師集合研修で行う「実技研修」内容を★デモンストレーション★
 ※エキスパートが実際にみなさんの実技指導にあたる先輩看護師を
  みっちり指導いたします!
4) 4月から実地指導者を担当する先輩看護師の★「実技研修」を体験★
5) ★グループワーク★を行い、最後のまとめ

〓   〓   〓   〓   〓   〓   〓

と、先輩看護師も、みなさんが来る前には、
しっかりと指導の授業を受けています。
実際に看護師として働く時に不安はつき物です。
その不安を少しでも取り除けるよう先輩看護師達も
しっかり準備を行います!!!

新人看護師6ヵ月フォローアップ研修

切磋琢磨し、成長してもらえる環境を整えています!

医療の現場に入るというのは何かと不安なこともたくさんあります。
同じステージを経験した先輩看護師がしっかりフォローし、
また同期入職の看護師が何十名もいるので、お互いに支え合いながら
切磋琢磨できる環境が整っているのも魅力的です。

ここでは、【新人看護師6ヵ月フォローアップ研修】についてお伝えします。

〓   〓   〓   〓   〓   〓   〓

1) パワーポイントを使いながら★講義指導★
2) ★グループワーク★で4月に立てた目標を参考にしながら半年後の評価。
  自己を振り返りながら、みんなで情報を共有。
3) 後半は★危険予知トレーニング★
4) 習ったことを元に、再度の★グループワーク★で事例検討
5) グループ別に発表

〓   〓   〓   〓   〓   〓   〓

事例検討では、イラストを見て、危険因子を洗い出し、それが引き起こす現象
についてグループで話い合い。

活発な意見交換の場は、実践でも活かせること間違いなし!

多重課題研修 パート(1)

~新人看護師と指導者合わせ56名の研修の旅~

この研修は、近年の医療環境と新人看護職員の教育背景を考慮し、
考えられました。研修目的は、

“多重課題、時間切迫の状況下で安全に優先順位を選択し、
 基本的な看護技術が実践できる”

効果的な研修が行えるように、設備の整った施設を借りる事にしました。
病室に見立てた施設で実際の看護場面を想定しての体験型研修。

〓   〓   〓   〓   〓   〓   〓

1) 新人看護師全員が一人ずつ体験。体験時間は、4分。
2) 患者さん役は、実地指導者や新人看護職員教育委員の主任と師長。
3) 体験の様子を実地指導者は、評価表に沿ってチェック。
  後に、新人看護師も実地指導者も振り返りを行います。

〓   〓   〓   〓   〓   〓   〓

新人看護師は、多重課題研修時、とても緊張する時間だと思います。
しかし、終わった後は先輩達の暖かい言葉に安心もした
という言葉をたくさんもらいました。

多重課題研修 パート(2)

~新人看護師と指導者合わせ56名の研修の旅~

多重課題研修と多重課題研修の間に行った二つの研修、
「フィジカルアセスメント研修」と「静脈注射・輸液ポンプ研修」のご紹介。

◆フィジカルアセスメント研修◆
とってもユーモアたっぷりに教えてくれる主任が講師。
新人看護師も、興味深い講義、真剣に聞いています。
全身状態のアセスメントができるモデル“フィジコちゃん”を使い、
しっかり聴診も体験します。
その後は、体験した患者設定を振り返り。
症状の観察など、しっかり出来ているか先輩看護師とチェックを行います。

◆静脈注射・輸液ポンプの研修◆
インジェクショントレーナーの資格を持つ、主任の講義。
その後は、実際体験。
基本に沿って、シミュレーター相手でも慎重。緊張する一瞬です。
就職後の9ヶ月。
看護技術も一人でできるようになったけど、初心に戻って経験することで、
大切な事に気付き直すとても絶好のチャンスです。

多重課題研修 パート(3)

~新人看護師と指導者合わせ56名の研修の旅~

多重課題研修の二日目。
シミュレーションは行わず、一日目の多重課題を5つの視点を元に振り返り。

5つの視点。
【1】生命維持の視点
【2】安全管理の視点
【3】報告と応援体制の視点
【4】時間管理の視点
【5】患者への配慮の視点

「どうすれば、良かったかな?」
「多重課題になった時、自分はどのように行動すればよいか?」
先輩看護師の助言をもとに、しっかり考える事ができました。
学びの後は・・・発表タイム♪。
研修の課題でもある、「優先順位を考えて行動する。」
自分一人で対応できない時は、先輩に応援を頼む事も学びました。

毎年、企画は大変でしたが・・・
新人看護師、そして指導者である中堅看護師にとっても実りある研修でした。
今回この研修を企画した、新人看護職員教育委員会のメンバーの一部。
みんなの協力があって、無事研修を終える事ができました。

最後は、出発前にパチリ!
二日間の研修も、終わってみればあっという間でした。
この後研修での学びが、看護実践現場で活かされる事が楽しみです♪

職場の雰囲気

私の一日

8:10~  出勤   :病院まではスタッフ専用の駐車場から徒歩2分

8:20~  情報収集 

8:30~  申し送り :連絡・注意事項の共有。
           夜勤ナースから申し送りで容態・必要処置を把握。

9:00~  点滴準備 :本日使用する点滴・薬の準備

9:30~  患者ケア :患者さんに挨拶をしながら、朝の検温や処置、清潔ケア、
     病室巡回  本日のスケジュールなどを説明

11:30~  昼休憩  :交代制で昼休憩をとります。
           先輩や同僚とおしゃべりしながらのランチタイムで一息

12:30~  患者ケア :患者さんに必要な処置を行う

13:30~ カンファレンス :チームごとに患者さんのケア方針やプランを話し合い

14:00~ 病室巡回  :容態チェックや検温、それぞれの患者さんに必要な処置を行う

16:00~ 情報交換  :受け持つ患者さんの情報交換やカルテ入力を行う
     カルテ入力

17:00~ 病室巡回  :検温や採血、食事の準備などを行う

18:00~ 業務終了

日常風景

4月の新人実技研修でしっかり勉強。
多重課題研修(院外集合研修)で連帯感を増強。
日常業務も笑顔で対応、スタッフみんな明るいです。

白百合会 運動会

子供も大人も関係ない!!!

毎年、白百合会運動会を開催しています!
秋晴れの中、体育館での運動会でした。
なぜか?そうです。美肌を守る為!

今年のテーマは・・・

笑顔が素敵な白百合会
  ~深めよう交流の輪~

年齢・性別を超えたチームワーク。リーダーの声掛けとても大きかったです!

ちなみに、
←←← こちらは準優勝チームです。 来年は優勝だ==――――!

毎年、計画しています。 本当は全員参加したいのですが・・・
白百合会の委員さんありがとうございました。
来年も楽しい催しをお願いします。 

白百合会 食事会

毎年この時期が楽しみです♪

毎年、秋に食事会を開催しています!

10月12日 1回目  徳○園
11月2日  2回目  春日井の・・・
11月30日 3回目  木○路

メニューにわざわざ小牧市民病院のマークが入っていたりと、
看護師にも必要な“おもてなし”の心得も学べます。

●ビンゴゲームで商品ゲット!
●おいしいデザートでお腹もいっぱい!
●年に1回、特技の披露も!


どんなに忙しくても、食べているときが一番幸せです!
また、来年も楽しみにしています。


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院