国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院

2019年、病院再整備事業が完了しグランドオープンしました。患者さんには快適な療養環境、医療者にとっては働きやすい環境が整いました。これからも地域の急性期病院として診療機能の強化・充実を図っていきます。
看護部では、あなたのやりたい看護、キャリアップを応援します!!『互いに成長し合い、人の心に寄り添える看護を一緒に実践しませんか。』


募集職種
  • 看護師
  • 助産師
病床数 430床
外来患者 1100名 入院患者 375名
看護体制 急性期入院基本料1(7:1)
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2023年4月入職者向け情報※各種タブを選択

 【☆お知らせ☆】
2022年度4月入職者の採用試験は、5月30日を持ちまして終了いたします。たくさんご応募いただきましてありがとうございました。
2023年度卒の皆さんへのイベントにつきましては、8月以降にお知らせいたします。もうしばらくお待ちください!

 当院は、国家公務員共済連合会(KKR)のグループ病院で、創立80周年を迎えた横浜市栄区唯一の急性期医療を担う430床の総合病院です。2016年6月には、一部病棟がリニューアルオープンし、産科病棟の再開、救急病棟の開始、リニアック治療の導入など、今まで以上に地域の方々の多様なニーズに対応できる病院として新たなステージを迎えました。
 看護師の教育では、KKR共通キャリアラダーを基盤に横浜栄看護部キャリアラダーを運用して、段階的に看護実践能力を養い、一人ひとりがやりがいを感じられるような人材育成に努めています。また、新人看護師の教育研修においては、1年目で基本的な基礎看護技術の習得、2年目では、応用力や創造力を身につけられるような研修内容により学びを深めています。さらに、新人看護師は入職後、全部署が経験できるローテーション研修を受けた後、自分で配属先を希望できるシステムをとっています。
 看護方式は2016年からPNSを導入し、新人看護師が安心して看護実践できる環境を整えました。新人看護師のみなさんの成長を看護部全体で支えます。

看護部長からのメッセージ

看護部長
川上 純子

なりたい看護師に近づくために

 私たちは、看護の専門性の向上を常に目指して活動しています。看護においては、技術や知識は適切な看護を実践する上では不可欠ですが、患者さんやご家族に寄り添い、向き合う姿勢を育てることが大切と感じています。
 完璧に思える先輩看護師も、最初はみなさんと同じ新人でした。わからないことをわからないと伝え、先輩に正直に伝えていく事で、一歩一歩自分たちがなりたいと考えている看護師に近づくと思います。
 私たちの病院をを選んでくれたあなたに精一杯サポートする準備はできています。

先輩からのメッセージ

2年目 脳神経外科・神経内科病棟に勤務
A・Y(2020 年 4月入職 )

患者さん一人一人に向き合える看護師でありたい

私は岩手の大学に通っていました。就職先を考えたときに、目標の看護師像になることができる病院で働きたいと思い、栄共済病院を選びました。選んだ具体的な理由は、教育体制が充実していることと、働く環境が良いと感じたからです。
教育体制が整っていることで、看護の知識や技術はもちろん学べますが、なにより「自律して行動できる自分」に成長できたと思っています。そして、師長をはじめとするスタッフのサポートを受けて、「自分ができる看護」を深く考えられる環境にいます。大変なこともありますが、充実した毎日を送っています。
これからもみなさんの助けを借りながら成長し、患者さん1人1人に真摯に向き合い、質の高い看護を提供できるような看護師になりたいと思います。

ナース専科からひとこと

新人の意思を尊重しながら、自律した看護師を目指し手厚く教育してくださるのが同院。自分に合うプリセプターを選ぶことができ、配属先希望も考慮してくださいます。また、夜勤入りが不安な人でも成長のペースに合わせた時期からはじめることが出来るので、焦らずじっくりスキルを磨いていくことが出来るようです。リニューアルの予定があり、平成28年6月には第1期新病棟オープン予定。新しい病院で働けるのもうれしいですね!

国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院(神奈川県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院