種子島医療センター

自分らしいワークスタイルを!
2020年8月8日(土) 病院見学会開催♪(宿泊補助有り※詳細はお問合せ下さい)


募集職種
  • 看護師
病床数 204床
外来患者 451名 入院患者 180名
看護体制 一般病棟:入院料4,回復期リハビリテーション病棟:入院料1、地域包括ケア病棟:入院料1
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2022年4月入職者向け情報※各種タブを選択

ひたむきに、高度な離島医療をめざし、
 離島だからできる自分らしいワークスタイルを。
on the Island
 Workstyle 

 医療内容からライフスタイルまで3つの特徴
◆離島でありながら、最先進医療がここに。
・最先端の離島医療を目指して高度医療と充実した診療科目でキャリアアップ。
・最新医療機器による検査・治療、豊富な診療科目で質が高く幅広い医療が学べ、離島でも高度医療のキャリアアップをサポートします。

◆研修・実習などの充実した支援とサポート。
・研修・実習などの充実した支援とサポートにより、幅広く学べ、キャリア,スキルの成長が期待できます。
・各部門のスタッフが連係プレーで助け合っています。

◆離島だからこそ楽しめる!ワークスタイル。
・病院の近くに入寮施設がある他、院内託児所や海の家、レストランもあり、生活面もサポートした福利厚生
・院内のイベントでのスタッフ間交流や、伝統行事への参加による地域交流も行っています。
サーフィン部,ゴルフコンペ,ミニバレー大会,卓球大会,車いすマラソン大会,鉄砲まつりなど

看護部長からのメッセージ

看護部長
戸川 英子

離島だから味わえる優しさや体験があなた自身を成長させます

当院は令和元年12月に創立50周年を迎え、開院当初の念願だった「島内完結の医療」から、「住人が笑顔で暮らせる医療」へと引き継がれ、「しあわせの島、しあわせの医療」をスローガンに新たなミッションに向けて始動致しました。

具体的には、常に離島で私たちができる最良の医療の提供を目指しており、ITを駆使した医療機器を積極的に導入し、多くの職種が協働しております。さらに介護福祉施設、行政機関との連携も重視し、救命医療から包括的ケアまでの取り組みを実践しているところです。
当院の強みは、人と人との繋がりを重んじる姿勢と離島であることに甘んじることなく何事にも真摯に向き合い,自己研鑽の姿勢を持ち続ける職員の存在です。また、私たち看護部は、患者さんが笑顔になるためには、わたしたちが笑顔でいることだと考え、患者さんにも職員にも優しい環境作りも大切にしております。

種子島は温暖でとても豊かな自然に囲まれており、古い歴史文化と近未来へと繋がるロケットセンターの存在が融合され、とても魅力ある島です。島での生活を楽しみ、私たちと一緒に離島看護を実践しませんか。人として看護師として共に成長できると信じています。

看護部長 戸川英子 

先輩からのメッセージ

一般病棟 平成31年4月入職
河野 未来

あなたの活躍する場所がここにはあります

私は福岡で育ち、ワークライフバランスが取れる職場を探し就職しました。
看護師の免許を取り、入職当初は方言の違いや日々の業務ではわからないこと、失敗することばかりでした。しかし、研修や日々の実践で学び、チューター・他のスタッフのサポートがあり、日々成長できています。
種子島の患者さんと関わっていくうちに方言やコミュニケーションについて学ぶことが出来、日々のケアや処置の仕方、フィジカルアセスメント等多くの事が日々勉強になっています。
種子島には大自然やカフェがあり、他県から来るスタッフが多くいます。
私も種子島の大自然に憧れて来た一人です。
心のこもった医療を提供するとともに全スタッフが最先端の離島医療を目指しキャリアアップを図っています。
種子島にはいろいろな楽しさやライフスタイルがあります。
是非一緒に働いてみませんか?一緒に働けるのを楽しみにしています。

種子島医療センター(鹿児島県)の看護学生採用情報TOPに戻る


この病院を見ている人におすすめ!近隣エリアの病院