>   > 独立行政法人労働者健康安全機構 北海道せき損センター

独立行政法人労働者健康安全機構 北海道せき損センター

【独立行政法人労働者健康安全機構 北海道せき損センター】(北海道)から看護学生へメッセージ

当院は、開設当初より脊椎疾患患者の治療と早期の社会復帰を目的として運営を行っており、敷地内にはヘリポートを完備し道内各地より患者さんが搬送されてきています。当院は道内唯一国内でもわずか2か所しかないせき髄損傷等の専門医療施設であり、平成28年10月より名称も「北海道せき損センター」となり九州(福岡件飯塚市)の総合せき損センターとともに脊髄損傷等の専門施設として社会的貢献を行っています


募集職種
  • 看護師
病床数 157床
外来患者 444名 入院患者 127名
看護体制 当院の看護部では、「私たちは安全で信頼される質の高い看護を提供します」を看護部理念とし、3つの基本方針(1)病院理念・基本方針に沿った良質な看護の実践(2)患者の尊厳と安全を守り、優しさと思いやりのある看護の実践(3)豊かな人間性を養い、専門職として自己の能力開発に努める のもと看護を実践しております
  • 二交替制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

2019年4月入職者向け情報※各種タブを選択

エントリーフォームから申込できる説明会・インターン・採用試験

合同就職説明会
(看護学生・看護師向け)
2018年07月22日(日)  12:00-17:00 【東京】東京ビッグサイト 西1ホール  東京会場詳細へ

このページの先頭へ

【独立行政法人労働者健康安全機構 北海道せき損センター】(北海道)の資料を請求する 【独立行政法人労働者健康安全機構 北海道せき損センター】(北海道)に問い合わせする 【独立行政法人労働者健康安全機構 北海道せき損センター】(北海道)に応募する

独立行政法人労働者健康安全機構 北海道せき損センター(北海道)の看護学生採用情報TOPに戻る