特集 専門領域で働く。

リハビリテーション系

急性期にはない看護の喜びが実感できる

IMS(イムス)グループ 新戸塚病院


「楽しい入院生活だった」と感じていただける看護を目指して

「楽しい入院生活だった」と感じていただける看護を目指して

療養病棟および回復期リハビリテーション病棟で、急性期病院での治療を終えた患者さまを受け入れ、患者さまとご家族の望むゴールに向けてサポートしています。特に療養病棟では、呼吸器を使った患者さまを多く受け入れ、入浴ケアにも対応できる設備や態勢を整えているのが特徴です。
楽しみながらリハビリ生活を送っていただけるように、屋上菜園で野菜を育て収穫祭を行うなど、様々なイベントを開催しています。
新人看護師の教育においては、「考える」ことを重視し、一人ひとりの成長に合わせて指導しています。じっくりと患者さまの回復経過を見守ることができる環境の中で、自分で考え、解決策を見いだす力が培われていきます。
当院で働く同期の看護師で情報交換できる機会を設けているほか、IMSグループ全体で行う研修会などにも参加できるので、他施設で働く看護師とも交流でき、視野を広げながら成長できます。

先輩の温かい支援とスキルが磨ける環境で、成長し続けられます

マイペースな私には慢性期が合うと思い、当院に入職しました。現在、難病の方や人工呼吸器をつけた患者さまなどが入院する障害者病棟で働いています。忙しいですが急性期ほど慌ただしくなく、一つひとつの手技を自分の中で整理してから行えるため、技術が着実に習得できます。また、人工呼吸器については研修や勉強会が開かれるので、急変時にも対応できる力を身につけることができます。
当院はプリセプター以外にもチームリーダー、師長をはじめ病棟の全ての先輩が新人の話を聞き、熱心に教えてくださるので、とても質問しやすいです。初めはできないことばかりで落ち込むこともありましたが、先輩や師長の励ましにより、「できない」で終わらせず、「今はできないけど、もっと頑張ろう」と前向きな考え方に変わりました。
当病棟の患者さまは会話でのコミュニケーションが難しい方が多いのですが、声掛けは大事にしています。言葉が伝わり、ハイタッチやまばたきで答えてくれた時は本当にうれしく、やりがいを感じます。まだできないこともたくさんありますが、今後もさまざまな経験を積んで成長していきたいと思います。

2019年入職 I.Y.
「直感でピンときて、今の病棟を希望しました。大変ですが、学べることが多いです」
人間関係が良く、残業も少ない働きやすい職場です!他職種との連携もスムーズで、ストレスのない環境で自律した看護師を目指せます。
看護部長
岸 小春 きし こはる

IMS(イムス)グループ 新戸塚病院 看護部長 岸 小春 

学生さんへのメッセージ
療養病棟、回復期リハビリテーション病棟ともに、患者様の目線に立ち、優しさを持った看護を提供しています。患者様を尊重して、「その人らしさ」を大切にやさしさのある看護の提供をしていきたいと考えます。
療養に必要な看護の役割に、「あなたらしさ」をぜひ発揮してください