特集 専門領域で働く。

リハビリ
テーション系

急性期にはない看護の喜びが実感できる

IMS(イムス)グループ 医療法人社団明芳会 新戸塚病院


患者さまが楽しくリハビリに励めるように見守る看護

患者さまが楽しくリハビリに励めるように見守る看護

【病院の特徴】
急性期病院での治療を終えた患者さまを療養病棟および回復期リハビリテーション病棟で受け入れ、患者さまとご家族の望むゴールに向けてサポートしています。
療養病棟では老年看護の専門性を捉え、安心して生活を送っていただくための継続看護を提供しています。
回復期リハビリテーション病棟では、在宅に向けた安全なリハビリ看護を提供しています。
少しずつ自信を取り戻し、リハビリに励む患者さまの回復経過を間近で見守ることができるのは、当院の看護の魅力の一つです。患者さまが楽しくリハビリに励めるように様々なイベントを開催しており、屋上菜園での収穫祭など患者さまと一緒に楽しめる企画をたくさん用意しています。
私たちは患者さまの目線に立ち、患者さまを尊重して、「その人らしさ」を大切にした優しさのある看護を実践しています。

患者さまの瞬きや口の動きを読み取りコミュニケーションを図る

【新人看護師から】
病院説明会に参加し、教育・研修プログラムが充実していること、病院の雰囲気が良いことを知り、当院で働きたいと思いました。
現在の仕事内容は、バイタルサインチェックや人工呼吸器管理、吸引、CV挿入、気管切開チューブ交換の介助などです。
私が所属している特殊疾患病棟は人工呼吸器を使用している患者さまが多く、会話がほとんどできません。最初は患者さまとのコミュニケーションが難しかったのですが、先輩方にアドバイスをもらい、患者さまの瞬きや口の動きを確認し、文字盤を使用することで、徐々にコミュニケーションがとれるようになってきました。
患者さまから、「ありがとう」「よろしくね」などの言葉をいただき、笑顔が見られると自信につながり、仕事へのやりがいを感じます。
当院は病院・病棟の雰囲気がよく、他職種と関わる機会があるので、職員同士の仲がよいのが特徴です。仕事でもスムーズな連携が取れています。
今後も「目配り・気配り・心配り」を大切に、一人ひとりの患者さまと向き合い、臨機応変にケアができる看護師を目指したいと思います。

2017年4月入職・福岡 純
看護部長
岸 小春
きし こはる

岸 小春

学生さんへのメッセージ
療養病棟、回復期リハビリテーション病棟ともに、患者様の目線に立ち、優しさを持った看護を提供しています。患者様を尊重して、「その人らしさ」を大切にやさしさのある看護の提供をしていきたいと考えます。
療養に必要な看護の役割に、「あなたらしさ」をぜひ発揮してください。