> 特集【専門領域で働く。】>駒木野病院

特集 専門領域で働く。

精神科系

高尾山の麓ではぐくむ 科学的根拠に基づくこころの医療

駒木野病院


人に向き合い、自己を高めるのは、新卒の今しかできないと思った。

人に向き合い、自己を高めるのは、新卒の今しかできないと思った。

駒木野病院の医療は、患者さま一人ひとりと向き合うことから始まります。個室での入院治療を基本方針とするのも、その一環です。患者さまの尊厳を守り、個別に異なる症状や生活歴に対し、専門職それぞれがきめ細かな治療を行うチームとなることで、患者さまの早い社会復帰を目指しています。

【先輩インタビュー】 ―精神科スタートのきっかけ

服部
実は大学3年まで、精神科の「せ」の字も考えたことはありませんでした。地元を出る気もなかった。でも人に向き合うことには興味があり、卒論で精神科を選びました。そのうちに技術はあとからでも身につくけれど、人間的成長は、新卒の若いうちに精神科で鍛えるしかないと思うようになりました。
伊藤
私はもともと、精神科を志望していました。私も地元を出る気はなかったんですが、大学の先生から「精神科をやるなら東京に行け」と言われて。
服部
私も同じことを言われました。とはいえ東京に行くことに不安もあって、地元の大学病院も考えていたのですが、一度この病院に来てみたら、高尾って地元の宮崎となんら変わらなかったんです(笑)。

充実の研修制度を積極的に利用。自主性を尊重してくれたことが自信に

―東京の精神科病院の中でも、どうして駒木野病院に?

伊藤
直感です(笑)。この病院での実習のとき、自分のイメージしていた精神科と違って、雰囲気が明るく、スタッフものびのび働いていると感じたんです。
服部
私は看護部長と話したとき、誠意を感じたというか、ここは自己を尊重してくれるのではないかと思ったことが、一番でした。
実は、入職後大変な時期もあり少し後悔したこともあります。でも、自分で参加した研修や、現場の経験が自信となり、ひとつずつ成長してこられた実感がありました。患者さまの言葉は自分の看護の鏡で、自分と向き合いながら周りと話し合い、自分もケアも変えた時に患者さまも変わる、そんな実感もそのひとつです。
伊藤
看護の基本はコミュニケーション。精神科の看護ができなければ、他でも本当の意味での看護はできないと思います。ぜひ一度見学に来てみてください。先輩たちが本当に生き生きと働いています。
充実の研修制度を積極的に利用。自主性を尊重してくれたことが自信に
伊藤志乃さん(左):兵庫県立看護大学(現兵庫県立大学)卒。C3(精神科救急病棟)主任。「いま、仕事がとてもおもしろいです。もっともっと専門看護をつきつめていきます」
服部克彦さん(右):宮崎県立看護大学卒。自立支援病棟所属。「“人間的成長”という駒木野病院の人材理念に惹かれたこともあり、入職を決意しました」
駒木野病院 副院長 看護部長
宮崎 弘光みやざきひろみつ

駒木野病院 副院長 看護部長 宮崎 弘光看護教育のモットーは、豊かな人間性・社会性の育成と人間的成長・生き方を支援することです

学生さんへのメッセージ
看護部長の宮崎です。
精神科というと、まだ偏見なども残るところがありますが、当院では地域に根ざしながら、明るい環境作りに力を入れています。実習に来られた学生さんも、各部署の独自性を尊重した、風通しのよい職場環境に皆驚かれます。患者さまの回復に努め、早い社会復帰を担う、若いみなさんの力に期待しています。