> 特集【専門領域で働く。】>医療法人共和会 小倉リハビリテーション病院

特集 専門領域で働く。

リハビリ
テーション系

回復期から生活期までのリハビリテーションを支援する専門病院

医療法人共和会小倉リハビリテーション病院


たとえ障害があっても、その人らしい豊かな生活の実現を目指して

たとえ障害があっても、その人らしい豊かな生活の実現を目指して

【病院の特徴】
当法人は回復期リハビリテーション病棟を中心に、回復期から生活期までリハビリテーションを必要とする患者さまの総合支援を行っております。医師、看護師、介護福祉士、リハスタッフ(PT・OT・ST・SW)、薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士等のスタッフを病棟に配置し、多職種がそれぞれの専門性をもとに協働することでより早期に在宅復帰できるよう支援しております。
また、たとえ障害があっても「住みなれたところで、生き生きとした豊かな生活が送れるよう、地域の皆さまと一緒に支えていきたい」、それが当法人の願いです。障害のある方々のくらしを再構築し、支えることに組織一丸となって取り組んでおります。
来たる2025年に向け、地域包括ケアの時代を支え、担える病院づくりに努めてまいります。

看護師のキャリアアップをサポート くらしへつなぐ看護の提供

当法人の看護職員教育は「新人看護職員研修ガイドライン」に沿った教育プログラムを行い、新入職3年目までの新任期看護教育を実施しています。移乗・移動・シーティング・ポジショニングなどリハビリテーションに関わる専門的な技術指導はリハビリテーション専門医や理学療法士などから直接指導を受けることができます。院内で行う教育だけでなく、看護協会主催の研修会や近隣急性期病院から案内の研修など、様々な研修や学会など学びの機会への積極的な参加を支援しています。また、新人一人ひとりに相談役の看護師がつく、プリセプター制を導入しています。『新人はみんなで育てよう!』をスローガンに、新人が安心して働ける職場作りに努めています。
回復期リハビリテーション看護認定看護師や脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、ケアマネジャー資格取得など個人のキャリアアップも支援しています。

6階病棟 小曽根真衣さん
自宅や施設などへ退院されて行く回復期の患者様に対して、看護師としてできることや、専門的な支援を学ぶためこの病院への就職を決めました。
Knowledeg is power!
多くの専門職と一緒に学びましょう!
看護部長
岡崎 ひろみ
おかざき ひろみ

北川千奈津・半田玲奈

1985年 九州厚生年金看護専門学校卒業 九州厚生年金病院勤務
結婚を機に1993年 南小倉病院(現:小倉リハビリテーション病院)勤務
2017年10月小倉リハビリテーション病院看護部長となる。

学生さんへのメッセージ
皆さん こんにちは!
当院はリハ部・看護部を統合した臨床サービス部としてチーム医療を行っています。
リハ医をはじめ様々なリハ専門職も病棟配属となり看護・介護と一緒に患者のケアの質の向上に努めています。若く元気な仲間が待っています。「寄り添う看護がしたい人」笑顔で退院して頂くための支援を一緒にしていきましょう。