2019年就職:TOP > 特集【専門領域で働く。】>横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

特集 専門領域で働く。

脳血管疾患・
脊髄脊椎疾患

脳卒中・神経疾患と脊椎脊髄疾患とリハビリテーションの専門病院

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター


専門性の高い看護が、患者さんの回復に大きく貢献

専門性の高い看護が、患者さんの回復に大きく貢献

横浜市立脳卒中・神経脊椎センターは、脳卒中をはじめとする脳血管疾患の治療とリハビリテーション、高齢者に多い脊椎脊髄疾患に取り組む専門病院です。市民を対象にした講演会開催など脳卒中予防にも積極的に取り組み、地域医療に貢献しています。
急性期における先進的で高度な治療から回復期のリハビリテーションまでを一貫して行うのが当院の特長です。また、疾患の治療とリハビリテーションでそれぞれに主治医がつき、他職種も加わってオーダーメイドの治療・ケアを行います。
特にリハビリテーション分野においては、人員および施設面ともに充実した機能を有し、入院後は意識レベルの状況に関わらず平均1.6日でリハビリテーションを開始できる体制と設備が整っています。医師、看護師、他職種との連携により質の高い医療サービスを提供しており、入院患者さんの満足度調査でも、高い評価を得ています。

専門分野ならではの“やりがい”

脳血管疾患の看護では、患者さんの日々の状態観察が重要です。麻痺の状態や身体の動き、話し方の変化などを細かく観察することで、神経学的アセスメントなど専門領域に特化したアセスメント能力が身につきます。さらに、心臓病や糖尿病など様々な合併症を持った患者さんも多いことから、全身のフィジカルアセスメント能力も培われます。
急性期に入院した患者さんが徐々に回復していく過程で、医師による治療に加えて、看護の取り組みが大きな成果として実感できるのもこの分野の特徴です。
 意識レベルが低下した患者さんが、食事を摂れるようになったり、一つひとつの生活動作を獲得していく過程を多職種と連携しながら関わる看護実践は、看護の醍醐味を味わえます。
横浜市立脳卒中・神経脊椎センターでは、実習生からの人気も高く、就職される方も多くなっています。医師、PT・OT・STなどのリハビリテーションのセラピスト、MSW等様々な専門スタッフが揃ったアットホームな雰囲気の職場は、看護キャリアを伸ばす絶好の環境です。

ICU、脳卒中ケアユニット、地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟を設置し、先進的医療機器、広く快適な病室など充実した設備を有し、専門的治療を支えています。
経験豊かな先輩ナース達から多くのことを学び、医師やリハビリテーション部など他部門とのチーム医療に加わることで、看護キャリアを伸ばしていけます。
SCU所属
神奈川県立衛生看護専門学校卒(平成26年4月入職)

学生さんへのメッセージ
私は当院が実習病院でした。患者中心のカンファレンスが充実していることや、チーム医療の実際を見て決めました。先輩方はやさしく丁寧に指導してくれます。話しかけやすく、相談もしやすいので安心して働くことができます。
新人の教育支援体制はプリセプターシップを取っています。アソシエイト(プリセプターをサポートする役割)とプリセプターとの話し合いを定期的に行い、それぞれの新人の現状を病棟スタッフにフィードバックし、部署全体で「教育」に意識を向けています。
特に勉強になったのは、1年目の受け持ち看護師研修です。この研修では個別性のある看護の大切さについて学ぶことができました。さらに、2年目にケーススタディ研修を行ったことで、自分自身の看護観を深めることができました。