> 特集【スマイルナース】>湘南鎌倉総合病院

ナース専科 就職ナビ 編集部 PICKUP HOSPITALS

千葉県済生会習志野病院 苫米地聖志さん

循環器看護で必要なことは「気づく力」。
患者さんのわずかな変化を察知することで、
異常の早期発見と治療を促す

GOOD SMILE

湘南鎌倉総合病院 (神奈川県)

熊田美華さん(心臓病センター)

患者さんやご家族が納得できる退院後の生活をサポート

カテーテル室での準備。患者さんが安心・安全に治療が受けられるようサポートしている。

カテーテル室での準備。患者さんが安心・安全に治療が受けられるようサポートしている。

 新卒で入職した地元の大学病院では、集中治療領域で働いていましたが、一度は首都圏で働いてみたいと思っていました。当院は救急台数の受け入れが日本一で、一次から三次救急まで対応しているので経験が生かせると思い、転職を決意しました。
 勤務する心臓病センターは、心臓カテーテル検査をはじめとしたカテーテル治療や、心不全の患者さんには大動脈内バルーンパンピングなどの重症管理を行っています。現在の仕事は病棟業務とカテーテル室での外回り業務。外回り業務では医師への薬出し、手技の記録、生体情報のモニタリングなど多岐にわたります。治療中は患者さんの訴えや容体の変化がないかを確認していきます。
 病棟では、突然の発症で動転している患者さんに対して病気を受容してもらい、スムーズな治療へと促すことも看護師の役割です。退院に向けてリハビリスタッフやソーシャルワーカーと相談し、家族背景を踏まえたうえで患者さんやご家族とかかわります。患者さんとご家族の気持ちが乖離しないよう退院後の生活を見据え、納得できる状況を選択していきます。

後輩指導の役割を担うことで人に伝える難しさを実感

医師とのコミュニケーションもスムーズ。疑問に思ったこともすぐに質問できる環境がある。

医師とのコミュニケーションもスムーズ。疑問に思ったこともすぐに質問できる環境がある。

 看護を行う際に一番大切だと感じていることは、「気づく力」です。心臓は生命に直結する疾患のため、不整脈や血圧の変動などを観察し、患者さんの状態のわずかな変化を察知することが不可欠です。早期に介入できるかは、患者さんの身近にいる看護師の行動が重要になると痛感しています。
 今年から日常業務に加え、後輩指導の役割を担っています。個々の性格などを理解したうえで新人と向き合い、アプローチしています。指導する立場に立って人に伝えることの難しさを認識しましたが、先輩のアドバイスを受けて乗り切ることができました。
 緊張感のある現場ですが、患者さんやご家族から「ありがとう」と感謝の言葉をかけられると、きちんと寄り添ってよかったと思え、やりがいとなっています。今はまだ興味のある分野を模索中ですが、学会などに参加し自己研鑽を行っています。当院は主体性を持って臨むことを求められますが、やる気のある人には応えてくれる環境です。今後もさまざまな経験を積み、資格取得なども視野に入れてキャリアアップしたいと考えています。

PAGE TOP