> 特集【スマイルナース】>IMS(イムス)グループ 板橋中央総合病院

ナース専科 就職ナビ 編集部 PICKUP HOSPITALS

板橋中央総合病院 川田茉莉香さん

5年間の教育プログラムを基盤に、
先輩たちのサポートのもとで知識や技術を習得。
着実に一人前の看護師として成長できます

good smile

IMS(イムス)グループ
板橋中央総合病院(東京都)

大久保佳帆さん・右(呼吸器病センター)
松尾安季さん・左(循環器内科病棟)

業務を通して基本的な技術から専門的ケアまで学べる環境 (大久保佳帆さん)

病棟では清拭や環境整備といった基本的なケアから、手術や化学療法を受けられる患者さんの看護まで幅広く実践している。

病棟では清拭や環境整備といった基本的なケアから、手術や化学療法を受けられる患者さんの看護まで幅広く実践している。

 就職するなら東京の病院でしっかり学びたいと思い、当院のインターンシップに参加しました。スタッフ同士、声を掛け合い協力して働いている姿を見て、一緒に働きたいと感じました。
 配属後は病棟での業務を通じて、基本的な技術から病棟で求められる専門的ケアまで、幅広く学べる環境があります。当院は5年間の教育プログラムを基に、一人前の看護師として成長することを目標とした教育環境があるので心強く感じています。
 以前、手術への不安から夜も眠れず食事も喉を通らない、精神症状を訴えていた患者さんを受け持ちました。頻回な声かけと今後の予定を繰り返し説明し、手術以外の話も織り交ぜて話したところ、「安心してきた。ありがとう」という言葉をもらいました。このとき患者さんに寄り添う大切さと、看護のやりがいを感じました。今後は、さまざまな知識や技術を持ったジェネラリストを目指すと同時に、さらに経験を積みスペシャリストも視野に入れて看護を実践していきたいと思います。   

先輩たちの熱心な指導のもとで確実に自立 (松尾安季さん)

初めは戸惑ってばかりだったが、いつでも相談に乗ってくれる先輩の存在があったから、ここまで続けてこられたという。

初めは戸惑ってばかりだったが、いつでも相談に乗ってくれる先輩の存在があったから、ここまで続けてこられたという。

 インターンシップに参加したとき、循環器・心臓血管外科病棟の雰囲気のよさを感じました。また先輩の熱心な指導をはじめとした、新人教育が充実していることも決め手となりました。
 病棟では疾患に関する勉強会が開催され、プリセプターや先輩からアドバイスを受けられる環境があります。質問もしやすく、さまざまな疑問も解決に導いてもらえます。ベッドサイドでの看護実践では、ペア受け持ちとプリセプターシップによるサポートがあるのでケアの流れも理解しやすく、確実に自立できました。
 以前は、ひとつの業務に時間がかかり多重業務に焦ってしまい、理想とする看護が実践できない状況でした。そんなときも時間内に業務が終わるよう、日々先輩たちからのフォローを受け、乗り越えてきました。2年目は余裕を持って業務に取り組み、患者さんとゆっくり話す時間を持つことが目標です。さらに正確な観察力と判断力を養い、患者さんの立場に立った看護を提供したいと思います。

PHOTO GALLERY  フォトギャラリー

病院の資料を請求する 病院の説明会に参加する

 

PAGE TOP