2019年就職:TOP > 特集【スマイルナース】>社会医療法人 宏潤会 大同病院

ナース専科 就職ナビ 編集部 PICKUP HOSPITALS

千葉県済生会習志野病院 苫米地聖志さん

患者さんとじっくりかかわれる風土があり、
高度な知識や技術を習得し、
スキルアップを図れる環境が魅力

GOOD SMILE

社会医療法人宏潤会
大同病院 (愛知県)

市川早紀さん
(循環器・腎臓・内分泌・膠原病・総合内科など複合内科病棟)

インターンシップで自分らしく働ける場所と出会う

後輩たちの指導を担う立場になった市川さん。現場でも、そのつど疑問や不安を解決に導いている。後輩からの信頼も厚い。

後輩たちの指導を担う立場になった市川さん。現場でも、そのつど疑問や不安を解決に導いている。後輩からの信頼も厚い。

私は出身大学に附属の病院があったため、漠然とそこに就職すると考えていました。友人たちが他病院の見学に行っているのを見て、自分も一度違う病院を見てみようと合同説明会に参加しました。さまざまな病院がある中、当院の話を聞き、福利厚生や待遇面、新しく立て替えた病院であることと、説明をしてくれた方のやさしさに触れ、インターンシップに参加しました。師長と新人看護師の処置場面を見学したとき、丁寧な指導でスタッフ間の距離が近いこと、患者さんとの関係も親密で、皆、生き生きと働いている姿が印象的でした。病棟の雰囲気も穏やかで、ここでなら自分らしく働けると思い、入職を決意しました。
入職後は、循環器、腎臓、内分泌、膠原病、総合内科などの複合内科病棟に5年間勤務しています。患者さんの血圧測定、全身状態の観察や記録、検査出し、処置の介助、清潔援助、食事介助と多岐にわたります。こうした日常業務のほか、新人教育や感染対策の委員会活動などの役割も担っています。

資格取得後も活動の場があることがやりがいに

看護を行ううえで心がけていることは、患者さんの生命を守ると同時に、生活の場でもあるベッドサイドの環境を整えることだという。

看護を行ううえで心がけていることは、患者さんの生命を守ると同時に、生活の場でもあるベッドサイドの環境を整えることだという。

病棟で経験を積む中で上司の勧めもあり、CAPD認定指導看護師の資格を取得。当院には資格取得後も活躍できる場があり、現在は、地域の方を対象とした腎臓病教室の企画・運営などに参加しています。地域の方々と接することで、退院後の生活がイメージしやすくなり、ケアに生かせています。資格を取得したことで、新たな責任も生まれてきました。
今後は、高度急性期医療の役割を果たすことが病院の方針として掲げられています。気管挿管の処置、心臓マッサージなどの研修も組まれ、急変時に対応できるスキルも身についてきました。またICUの看護師から重症患者さんのケアのポイントを学び 、病棟看護師がICUで研修を受けるなど、5年間で全員が研修を受けられるプログラムがあり、スキルアップできる環境が整っています。当院は患者さんとゆったりかかわれることが最大の魅力ですが、さらに高度な知識や技術を習得することで、看護師一人ひとりが成長できる環境が構築されています。

PHOTO GALLERY  フォトギャラリー

病院の資料を請求する病院の説明会に参加する

PAGE TOP