> 特集【スマイルナース】>日本私立学校振興・共済事業団 東京臨海病院

ナース専科 就職ナビ 編集部 PICKUP HOSPITALS

菅井優蘭さん、藤田恭平さん

環境に恵まれた海辺の病院で
確かな技術を身につけ、
「思いやりのある看護」を実践する。

GOOD SMILE

日本私立学校振興・共済事業団
東京臨海病院(東京都)

藤田恭平さん(整形外科病棟)

菅井優蘭さん(神経内科・糖尿病内科)

患者さんにも伝わる「思いやりのある看護」が実践できる病院

神経内科・糖尿病内科 菅井優蘭さん

菅井優蘭さん 神経内科・糖尿病内科

 高校生のときに身内が入院した際、看護師からとても細かい気遣いとケアをしてもらい、楽になったことを聞きました。「自分もそんな仕事がしたい」と思ったのが、看護師を目指したきっかけです。
 就職活動中に「思いやりのある看護」を大切にしている当院を知り、インターンシップに参加。コミュニケーションが多くて雰囲気がよく、新人に考える時間を与えながら教育をしている様子を見て、この病院で働きたいと思うようになりました。
 入職一年目で技術や知識が足りない中、患者さんのために何ができるのか悩んだこともあります。そんなときには私の様子を気にかけた先輩方が声をかけてくれ、「またがんばろう」と気持ちを切り替えられました。患者さんから「あなたは私のことを考えて行動してくれている」と言われたとき、思いやりが伝わっていると実感できてうれしく思いました。今後も患者さんへの思いやりを忘れずに、経験を重ねていきたいです。

プリセプターに助けられ自分らしい看護ができるように

整形外科病棟 藤田恭平さん

藤田恭平さん 整形外科病棟

 祖母の介護をした経験から「人の役に立つ仕事がしたい」と、看護師を目指しました。しかし、入職直後は自立してできることが少なく、周囲に申し訳なさを感じることも。
 そんなときに自分の新人時代の話をしてくれ、技術の指導に時間を割いてくれたのがプリセプターです。忘れっぽい私の癖に気づいて、メモやアラームの活用を勧めてくれました。技術や知識が増えてきた最近では、自分らしい看護を自信を持って実践できるようになりました。
 また、はじめに感じていた、男性看護師が少ない職場への戸惑いもすぐに消えました。当院には男性の管理職や認定看護師も多く、男性看護師がなじみやすい環境です。
 4、5年後には、円滑に病棟業務を調整できるリーダーになることが目標です。そのためにも病棟業務の理解や患者さんのケア技術の向上を目指し、医師とのコミュニケーションを大切にしながら日々努めています。

PHOTO GALLERY  フォトギャラリー

病院の資料を請求する病院の説明会に参加する

PAGE TOP