> 特集【スマイルナース】>板橋中央総合病院

ナース専科 就職ナビ 編集部 PICKUP HOSPITALS

板橋中央総合病院 川田茉莉香さん

充実した多様な研修と
現場での温かな先輩のサポートにより、
着実に成長できるので安心です

good smile

IMS(イムス)グループ
板橋中央総合病院(東京都)

平井裕菜さん・右
菊池沙織さん・左
(泌尿器科、眼科、耳鼻科)

さまざまな疾患やケアに携わり看護の幅を広げる(平井裕菜さん)

患者さんが元気に退院することがやりがいであり、「ありがとう」の言葉を聞いたときは喜びとなっているという平井裕菜さん。

患者さんが元気に退院することがやりがいであり、「ありがとう」の言葉を聞いたときは喜びとなっているという平井裕菜さん。

  病院見学会に参加したとき、スタッフの方が生き生きと働いている姿やスタッフ同士の関係のよさを見て、ここで一緒に働きたいという気持ちになりました。
 病棟では白内障の手術を受ける短期入院の方から、尿管や膀胱疾患などの手術前後ケアや重症度の高いケアまで、幅広い疾患と看護に携われることが特徴です。看護を行う上で心がけていることは、自分の看護観でもある「患者さんに寄り添う看護」。患者さんの疾患のつらさや悩みに耳を傾け、その思いを放出できるよう精神面をサポートし不安を軽減しています。
 当院は日常生活ケアの研修や認定看護師・他職種による研修など、専門的知識や技術を習得できる環境があります。また、イムスグループ全体の研修もあり、急性期だけでなく慢性期や回復期、介護施設など、他施設の同期との情報交換も行えて視野が広がります。2年目以降は指導する立場となるため、お手本となれるよう行動したいと思います。

患者さんやご家族に寄り添う大切さを実感(菊池沙織さん)

先輩たちの日々の看護を身近で見ることで、実践を通じて学んでいるという菊池さん。患者さんとかかわる中で、気づきの看護の重要性を感じている。

先輩たちの日々の看護を身近で見ることで、実践を通じて学んでいるという菊池さん。患者さんとかかわる中で、気づきの看護の重要性を感じている。

 就職先の決め手となったのは、プリセプターとチーム全体で新人を育成する環境があることと、地域や院内のイベントなど、患者さんとスタッフがふれあえるイベントが多いことでした。
 病棟ではご家族へのサポートも重要となります。吸引方法、自己導尿、おむつ交換など、自宅に帰られてから必要となるケアを指導し、ご家族の不安を軽減しています。以前患者さんとご家族に自己導尿の指導を行ったところ、退院時に名前を覚えてくださり、「あなたのお陰で不安なく退院できます」との言葉をいただき、患者さんやご家族に寄り添えた喜びを感じました。
 夜勤が始まり、急変した患者さんへ迅速な対応ができない自分に無力さを感じ落ち込む時期もありましたが、先輩と日々の振り返りを行い次につながるアドバイスをもらって、乗り越えることができました。今後は救急看護などの学びを深め、実践力を身に付けた看護師として成長していきたいです。

PHOTO GALLERY  フォトギャラリー

病院の資料を請求する 病院の説明会に参加する

 

PAGE TOP